mashikuf's hobby blog

halloween_2014.jpg
ギリギリ!
2014 Happy Halloween!!
3A_MLTA_1.jpg

ここのトコロ…いやもう随分とサボりがちな当ブログではありますが、最近はTwitterやFacebook、InstagramなどのSNS系で気軽に画像を1枚だけ投稿する…というのに慣れきってしまっていて、なおかつタグ付けをすると海外からも気軽に反応があったりもして、なかなかブログ用に構成を考えて写真を撮って記事を書く、というのが億劫になって来ている次第であります(^_^;)

とは言え、あくまでもブログは個人的なモノなので、そもそもそう鯱張る必要も無く…つまりは開き直って逆にSNSに投稿した画像でブログを書けば良いのでは?などという始末でして…(笑)

そんなワケでしばらくアッチで投稿済みの画像だけで構成される日々が続くかも知れませんが、よろしくお願い致します(^_^;)
ただ、SNS系は文字数制限がある場合が多いので、ブログの方では補足的な与太話を展開出来れば、と思っています(笑)
>> 続きを読む
3A_TK_kozo_07.jpg
はい。実は昨晩記事を書いた時点で既にカスタムは出来ていました(笑)
まぁ、カスタムと言ってもちょろっと汚しを施しただけなので…実質掛かったのは1時間程度でしょうか?
しかし自分で言うのも何ですが…ボディ・アーマー、黒い方が全体が締まって良くない?(^_^;)
>> 続きを読む
3A_TK_kozo_00.jpg
久しぶりのthreeAですが、今年の1月に3AA会員となり、それ以降買ったアイテムが続々と届きつつある今日この頃、以前にも増してブログにアップする量より、シンガポールから届く物量の方が凌駕するという事態が起きています…(^_^;)
そんなワケで色々と溜まってるアイテムですが、旬を逃しつつも少しずつ紹介出来れば…と思っています。

まずはそれほどタイムラグの無い、こちらのKOZO TK UNDERNAUTから。
>> 続きを読む
LMO2014_01.jpg
今年もレゴ・ミリタリー・オフ、通称ミリオフへ行って参りました。
相も変わらず準備不足で新作はご覧のような変化球(^_^;)
ま、まぁ笑って頂ければ…と。

ミリオフは皆の力作を間近に観られるのは勿論の事、“オフ”でもありますから、普段会えない遠方のレゴ友らと馬鹿話をするのが一つ醍醐味でもあります。
ミリオフに限らず、何故か皆と会うとレゴの話しじゃなくて違う事で大いに盛り上がるコトが多いンですが…(^_^;)

今年は昨年初めてお目にかかることが出来たzizyさん、ぐらさんと普段ネットでやり取りしてはいるのですが、実際に会って話すのが目的でもありました。
(実はこの1週間ほど前にもコミケのお疲れ様食事会で一緒だったり、その前の日に脂そばを食べに行ったりと濃密な日々を送ってはいたのですが(笑))

そんなワケでせっかくの作品を目の前に、作者ご本人に解説をして貰えるという類い希なるチャンスがあるにも関わらず、今年もおしゃべりに費やしてしまったような…(^_^;)

写真も沢山取ったのですが、やっぱり駆け足で撮ったのはダメですね…。
ピンボケは勿論、角度や構図、ボロボロでとてもアップ出来るようなものは撮れなかったので皆さんの作品は検索してご覧頂ければ…(^_^;)

自作品もいずれキチンと写真を撮って(ミリオフに間に合わなかったパーツも届いたので(^_^;))
ここに掲載したいと思います…ので気長にお待ち頂ければ…(汗)
3A_LGOT_04.jpg渋谷パルコPART-1 ギャラリーX(7月25日~8月5日)およびワンダーフェスティバル2014[夏](7月27日)にて開催された、ThreeAのアート&トイ・ショウ、『LET'S GROW OLD TOGETHER!』に行ってきました!
といってもレポが遅く、既に閉会されて3日も経ってしまいましたが…(汗)
その分、大ボリューム(主に写真点数)でお送り致しますので、よろしくお願い致します(^_^;)
>> 続きを読む
BR_trio_01.jpg
ようやっと紹介出来るはこびとなりました、ハイクオリティ・ペインテッド・ソフトビニール・フィギュア(勝手に命名)、『BLACK RABBiT』。
まずはそのクリア成型への塗装と、本格的なマジョーラカラー(アンドロメダ2)の輝きをご覧下さい…(^_^;)
>> 続きを読む
sentinel_goseiningen_01.jpg
最近ではアニメ『シドニアの騎士』でお茶の間の皆さんにもお馴染みとなった、漫画家・弐瓶勉先生の漫画『バイオメガ』にも登場する“東亜重工”。
この東亜重工が製作した、というコンセプトで作成、販売された伝説のフィギュア、千値練の“合成人間”。
昨今のアクセサリー満載の商品と比べるとシンプルながらも、ついついデスク上で遊んでしまう不思議な魅力を持ったフィギュアです。
>> 続きを読む
3A_square_naked_01.jpg巷では本日、WWR EVOL 4SQUAREがBambalandで発売になっているところですが、早速、先日届いたばかりのスクウェアをバラして塗装を落とし始めました。
この8パックが発表された瞬間から考えていた、今は入手困難なカラーの再現や、オリジナルのカラーウェイ、つまりオレ・スクウェアを作ったり、と、気軽に出来るようになるのでは…なんて(^_^;)

3A_square_naked_02.jpg意外と外すのが大変だった膝関節。股関節のボールジョイントは軽く引っ張るだけで取れるンですが…(^_^;)
で、大雑把にVカラーで塗装を落としていくと、中からは乳白色の成型が…。これはGIDの成型色にちょっと近い感じですね。
実際は下地を塗るからここまで落とさなくても良いのでしょうけど、何となくやり始めたら裸のスクウェアが見たくなって来て…(笑)

3A_square_naked_03.jpg
そんなこんなで丸裸にしたのがこちら(^_^;)
あ…なんかこのまま組み上げて完成でもイイ気がしてきたなぁ…(笑)
まぁ、控えは8体もあるので、色々試してみたいと思います。
3A_final_square_8pack_kaifu.jpg
意外と早く届いたFINAL SQUARE 8 PACK。
Bambalandで販売する“最後のスクウェアMK1”との触れ込みで、当日はサプライズも沢山投入され盛り上がったけれど、通常半年くらいは掛かるthreeAの商品がこんなに早く届くなんて!
やっぱりPARCOやワンフェスでの日本初の公式イベント『LET'S GROW OLD TOGETHER!』を睨んでの高速量産だったのでしょうか?(^_^;)

しかし、実際手に取ると、やはり以前のスクウェアと比べると(そういくつも所持しているワケでは無いのですが…)、少々塗装が粗い箇所が見受けられたり。中には関節の処理などがいびつであったりする個体も…。

そもそもカラーウェイが他にロボやグランツのいる部隊のものでは無く、どことなく「コラボものを8種集めました」的なニュアンスのカラー群だけに、初期のSQUARE MK1 10 PACKのような高揚感は無いように思えます…(^_^;)

と文句ばかり言うくせに、なんで2セットも買ったのかと言いますと…(^_^;)
これ、片方はオレ・リペイントの材料にしようかと。
3AA会員割引込みとは言え、1個あたり約2,000円ちょっとの1/6 スクウェアなんて、今現在、普通には買えないですからねぇ…(笑)
これなら思う存分、カスタムに使えます(^_^;)

| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2014 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ