mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pmMagicConferenseA.jpg

黒:「最近、白の勢力押し気味じゃない?」
白:「いやいや、そんなコト無いスよ」

黒:「だってウチの闇の軍団、元気無いよ」
白:「えっ?この間村人襲いまくってたじゃん!」

黒:「あれ、お腹空いてたからよ…」
白:「なんだ、言ってくれればドラゴンのモモ肉分けたのに…」

何の集まりなんだろう…この魔法使い(?)たち…(^_^;)

ここのトコはまっているのがプレモの組み替えカスタム。
やっぱり買い集めるだけじゃモノ足らなくなってきて…。というよりは80~90年代のプレイモービルへの憧憬からなのか(^_^;)、プリント過剰や各パーツの今ひとつな配色の2000年代モノへの反発からなのか(^_^;)、はたまた、ただそこに分解できるモビがあるからなのか…(笑)

ともかく、やってみると簡単にバラせる(綺麗にするにはそれなりに下拵えが必要だけど)のが分かって、安いスペシャル・シリーズやジャンク品を中心に(^_^;)、組み替えて遊んでいます(笑)

pmMagicConferenseB.jpg

↑うさぎ賢者は、小物はイイのに本体のウサギ人が使いづらくて
大抵はお蔵入りになっていると思うンですが(^_^;)、
(なんか中途半端にヘッドの造形がリアルだし)
イースターバニー4451のヘッド&腕に、スペシャル4579ホワイト・
ゴーストの上下。4459の足をそのまま使っています。

白魔法使いは、同じくスペシャル4579の上下にマント、冠を使用。
ヒゲはサンタ等で使われているモノ。地味だけど、腕と頭だけ、
差し替えています。


pmMagicConferenseC.jpg

↑亡霊賢者は、スペシャル4650の新幽霊に4603等のマントを。
王冠は3997等。鍵もいろんなセットに入ってますよね。

ポイントはヘッド。4579や4650の幽霊ヘッドは水色の目と口に
黒でプリントが入っているンだけど、これがなんかイマイチ(笑)
なので、これはそのプリント部分をVカラー薄め液とスポンジ
ヤスリ(1200~1500番相当)を併用して落としてあります。
Vカラー薄め液はかなり強力で、プラスチックを溶かすので、
慎重に綿棒などで極少量づつ付けて落とします。

あらかた落ちたら、表面を整える為にスポンジヤスリで、
水に付けながら研ぎ出します。仕上げにコンパウンドを掛け
れば、元通りのピカピカの表面になります。

この方法で、大抵のプレイモービルのプリントは落とせます(笑)
ビバ成型色!(^_^;)

白ヒゲの黒魔法使いは、ハロウィン3027の黒いお化けの
中の人等の真っ黒な上半身と腕、スペシャル4630の下半身。
マントも同じく4603等のモノ。髪の毛は女性用の後ろが団子状に
なっているモノ。ヒゲと冠はスペシャル4579ホワイト・ゴースト。
ヘッドはサーファー等の日焼け顔。手に持っている骨と袋は
3027からで、蓄光パーツです。


スペシャル4630の修道女は何かとカスタムに使えるのでもっと買っておこう…と思っているといつの間にかすぐに無くなっちゃうンですよね…(^_^;)

組み替え始めると、人気のないスペシャルもパーツ取りに限ればかな~り魅力的に見える…モノもあります(笑)
だけど、ついついスペシャルは「後でも買えるから今日はいいか…」となってしまって…。
タイムマシンがあったら昔に戻って古い製品を買いまくりたい…、
と思う人は多いのではないでしょうか(笑)
スポンサーサイト
2007_egg_knight.jpg

eBayをサーフしていたら今年のイースターエッグとおぼしき出品を発見!
ファンタジー系の騎士のようです。
5756の王子と同じく、ユニコーンの兜飾りに新しいユニコーン(?)柄の盾を装備。
ゴールド+ホワイトのやや上品(?)な出で立ち。

だけど、最近の騎士に多い、この手の下半身なんだけど、余り好きじゃ無いンだよなぁ…(笑)
なんかテロンとしてて…(^_^;)

とはいえ、流通したら1個は欲しいアイテムです(笑)
>> 続きを読む
何故か国内では流通しなかったという本国1999年のイースターエッグ3977。
しかもドイツ版(マゼンタがちょっと入った青)とフランス版(シアン60%くらいの水色)とでエッグの色が違うという…。
いや、そんなディープなプレイモービル・コレクターでは全然無いので、全くもって気にして無いンですが(笑)
中身は一緒だし:)(多分…(^_^;))

eBayにたまに出ても、かなり高額になるみたいでなかなか落とせなかったンですが、先日、「出してもここまで!」という価格の半額程度で落札!ラッキー!

とはいえ、それほど認知度が無いため、国内のオークションではいずれも欧米の1/3程度の価格で落札されている模様…(^_^;)
も少し待てば良かったかなぁ…と、いつもの航海(笑)

もう一つの王子は米国・新マジックシリーズの5756に含まれているモノです。
ユニコーンの兜飾りがカッコイイ~ッ!
3977と同じくユニコーンの盾を持っているし、並べて撮影してみました。
3977_5756_title.jpg


「いくぜ兄弟!」「えっ、従兄弟じゃんオレ達」
「細かいなぁ…」「ホントにこのドクロが金の延べ棒になるのん?」
「クリスタルの剣が集いし時、黄金の光りが辺りを照らすであろう…」
「それ、なんかのゲームの台詞じゃなくて?」
「理力と共にあらんことを…」「なんのこっちゃ!」
「ピカ~ッ!!」
「うわッ!」
「シールドを降ろせ~ッ!」

3977_5756_2.jpg

「………」「………」
「む、むぅ…」「金は金でもカエルっすよ、これ…」
「し、失敗だったか…ガクッ!」「クリスタルの剣、足りなかったのかな…」
pm7831silver_lion_princeA.jpg

コレクターブック第2弾の443ページに載っていて、ずっと気になっていた、メッキの剣と盾がステキなこの7831。
eBayやヤフオクでも見掛けたことが無くて、どんな形態で販売されたかも皆目分からず、本にもDIREKT SERVICEとしか書いて無いので手も足も出なかったそんなある日の事…(笑)

オークションで知り合ったドイツ在住の方に、ダメもとで訊いてみると、友人が持ってらっしゃって譲って下さるとのコト(途中大幅省略)!

なななんと!

2つ返事でお願いしまして、無事入手となったのです。
嬉しい~ッ:)

pm7831silver_lion_princeB.jpg

↑ライオンマークも微妙にデザイン違いのがいくつかあるみたいで…。
衛兵3人はスペシャルの4583。4555もライオンだし、4505の王子も胸にはライオンマークが…。

pm7831silver_lion_princeC.jpg

「ねえ、最近どうよ?」「いや~暇だね~」
「平和だね~」「今度そっちの国、遊びにいくよ」
…なんて会話が…えっ?聞こえてこないスか???(笑)


pm7831.jpg

↑アドオン袋のようなパッケージ。というか型番からするとやっぱりアドオン???
どうやら本国のメールオーダー限定だったらしい?…です。
LEGO_4956_house.jpg

4886を2個も買ったのに、性懲りも無く、また家造りセットを買ってしまった…(>_<)
今年後半には黒屋根の、また違った雰囲気のハウス・デザイナーセットも出るらしいので、それも買ってしまうのか…。

とはいえ、これも全てLEGOでplaymobil風の中世の家を作る為(笑)
今年前半のカタログも貰って来たけど、今度のCASTLEシリーズはシンプルでなかなか良さそう。
城は流石に複数買い出来ないけど、骨馬セットは10個くらい欲しいなぁ…(笑)
LEGO_catarogue.jpg
いま第4弾まで出ている、世界の名作チェアのミニチュアシリーズ。
これが微妙なサイズだけど、プレイモービルに結構合います。
いや…正直、ちょっと大きいンだけど(^_^;)

パントン・チェアやジャイロは色んな色が欲しいなぁ…:)

http://www.rakuten.co.jp/angers/517242/517432/740839/ chairs_A.jpg chairs_B.jpg chairs_C.jpg chairs_D.jpg mini_chairs.jpg
世間で流行っているというブログを始めてみました。
…という書き出しで、全国で毎日300万人くらいの人が書いていると思うけど、そこはそれ、なんというかごーいんぐまいうぇいで。

ちゅうか某SNSでは容量や画像、デザインの自由度等不満が出てきて(いやブログもそうなんですけど)、テスト的にこっちへやってきました。

ここでは趣味関係全てひっくるめて総合的に(というほどのモンじゃないけど)“後悔”していきます~。
smileT.jpg
ドイツ本国のWEB SITEで今年の新作がいくつか発表されました。
いくつか好みのをセレクトしてお届け、です。
feenwelt_4item.jpg

↑イチオシの新カテゴリー・妖精(!?)シリーズ。
プリントも少な目&抑え目で、配色もシンプルかつビビット系で、まさに自分の中の王道プレモイメージ!

Abenteuer_6item.jpg

↑アドベンチャーシリーズ最新作。
今度の恐竜たちの造形はなかなか“らしい”感じでスキです~。
前回の北極探検シリーズの恐竜たちは何故か、こうしっくりと来なかったような…(^_^;)

Zirkus_9item.jpg

↑待望のサーカス・シリーズ復活!
比べるのも何だけど、昔のシリーズにと比較すると、なんか全体的にデザインが今ひとつだなぁ…(^_^;)
象もついに新規造形になっちゃったし…(>_<)
…とはいうものの、買うとしたらこの象のセットとバンドピエロくらいかなぁ…。
やっぱり現物を見たら、また印象が変わるのかな? そこがプレモの怖いところでもあるンだけど(笑)

↓もっと大きな画像で詳細を知りたい方は、本家本元へ~。
http://www.playmobil.de/

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。