mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイざラスオンラインで3/28からトートバックが貰えるキャンペーン中です。

ここのトコロ、全くチェックしてなかったンだけど、ザラスってプレイモービルの取り扱い、止めてなかったのかな?
昔は店頭でフツーにザラス価格で買えたので、そこそこ利用してはいたンだけど…(^_^;)

ザラオンでは、やっぱりというか当たり前ですがアガツマ現行品のみ、で価格もザラス価格。当然定価では無いけれど、飛びきり安いワケでもありません…ははは。
LEGOみたいに5の付く日は安くなるとか…あれっ?プレモだとどういう語呂合わせにしたらいいンだろう…(^_^;)
スポンサーサイト
PM4506_RedDracula1.jpgスペシャル4506の通称ドラキュラ。このアイテムがプレイモービル収集へのキッカケになったことは否めません。昔はプレイモービル全体のラインナップなんて全然知らなくて、ソニプラでたまに見掛けるスペシャルを買うくらいでした。カタログは入っていたけれど、そこには古いモノは載っていないし、ネットでの情報も当時は知る由もありませんでした(笑)
それから数年後、突然出版された「bean's」というムックに、スペシャルの過去のラインナップが全て掲載されていて、初めて全貌を知ることになったのです(^_^;)
あると分かると欲しくなるモノで(^_^;)、それからは“普通には”手に入らないのは承知で、探索の旅へ出かけるのでした…(笑)

そんな入手困難だった4506ドラキュラも、袋入りで再販されたり、昨年のハロウィンにはカボチャ入りでまたまた再登場したりで、何だか随分と入手し易くなりました。

そんなワケで以前は数千円も出して買ったので、カスタムの素なんかには当然考えられなかったのですが(^_^;)、さっそくまな板の上の鯉状態に…(笑)
(いや、もっと遡れば発売当初は普通に400円とかで買えたのでしょうけれど…(^_^;))

レシピは、帽子は3943の雪だるま等から、上半身は3988のヒゲのおじさんから、下半身は3730や3734から、腕は4627等。
マントはRed Wisemanと同じく3653から。
今回も、この違うモビから取ってきた“赤”の色味を合わせるのが、やっぱり大変でした。特に下半身のオールドタイプの一体成型の足は、KLICKY時代のモノは色が薄く朱色っぽくて、最近の“赤”と全く合わないのです。こんな時に、オールドモノでもモビ単体で購入できるショップ、「リ・プレモ」さんは大変有りがたい存在なのです。

話しは脱線しますが、新製品でも「このパーツだけ欲しいなぁ…」とか思ったコトはありませんか?(^_^;)
まぁ大抵はその為に大箱を買ったりするワケで、それがジオブラ社の狙いでもあるワケでしょうけれど(^_^;)、そんな時、各パーツを小分けにしてバラ売りしてくれたら…なんて考えてしまいます。
プレイモービルの世界では見掛けたコトはないのですが、LEGOや12インチアクションフィギュアなどでは、新製品をパーツ単位でバラして売るショップが多数あります。
勿論、バラ売りはコスト的に(買い手にとっては)割高になるのですが、「これ1個の為に…諭吉を差し出す…」というよりは、多少割高でも目的のパーツだけ求めるというファンはいるのです。
プレイモービル界(?)でどれくらい需要があるか分かりませんが(現状無い、と言うことは需要がほとんど無いってコトですよね…ははは)、カスタムとかしない人でも木だけ一杯欲しいという人なんかいるンじゃないかなぁ…。

あっ!アド・オンか…(爆)

PM4506_RedDracula2.jpg閑話休題。余ったドラキュラパーツでこんなカスタムも…(笑)

「おや、どこかでお逢いしたコトがありますかな」
「いえいえ、人違いでしょう…」

この後、彼が人でなくなるのに、そう時間は掛からなかったという…。

↓最後にみんなで一緒にパチリ。
実はスペシャルのヘッドと、カボチャケースのヘッドって成型色が違うンですよね…(^_^;)
スペシャルは透明感のあるやや透き通った感じの白で、新しいヘッドは塗装したように真っ白。
細かくてどうでも良いコトなンですが(笑)
PM4506_RedDracula3.jpgPM4506_RedDracula4.jpg
プレイモービル関係の記事を2つ追加しました。
http://mashikuf.blog94.fc2.com/blog-entry-26.html
http://mashikuf.blog94.fc2.com/blog-entry-27.html
PM4918_1.jpg先日の記事で書いた2007年NEW EGG、4918の騎士が早速届きました~。まぁ、前述のセットを持っていたら不要な内容かも、ですが(^_^;)、単体で見ると武器も持ちきれないほど付いているし、さほど戦闘的でない柔らかなファンタジー系のイメージがあるので、幅広いファン層にアピールしそう…です。
PM4918_2.jpg PM4918_3.jpg PM4918_4.jpg


PM4918_5.jpg出来ればマントも付けて欲しかったトコロです(^_^;)
あ…でも首飾りが付いてるから物理的に無理かな…。
このヘンのジレンマも、いつかクリアして欲しい処です(笑)

PM4918_red_car.jpgで、これがついでにポチッと買ってしまった4918赤のエッグ。
中身はチビバギーに乗る、子モビ。配色違いでは既に散々出ているこのチビバギー。今回は意外とスパルタンなイメージのシルバー+ブラック!で、なかなか気に入りました。

PM4918_orange_egg.jpgでもって、エッグの中には2つ折りの小さなパンフが封入されていて、そこにはプレモランドさんでは今回扱っていなかったオレンジエッグの商品写真が…!
こ、これ…モルモット!?(^_^;)
か、かわいい…!かも…???(笑)
PM3666_danball1.jpg早い!本当に速い! 何を興奮しているのかと言いますと(^_^;)、eBayで落札したアメリカからの商品が、現地で13日荷受けで、何と16日には日本へと到着したコトでした。自分への誕生日のプレゼントとして、届くかな…?と待っていたら思いの外早く日本へ着きました。
PM3666_danball2.jpg PM3666_parts.jpg

外箱無しのルーズで買ったのですが、ほぼパーツは揃っているとのコト+他セットからの混合パーツ(モビ)が盛りだくさん! 破損箇所も無く、なかなかの買い物でした(笑)

PM3666_mobi.jpg結局、3666のセットに付属のモビも完品で、大満足でした。緑の垂れ帽も待望の逸品でしたし、モビ類の状態もホント良くて、eBayさまさまです(笑)
これにて、ついに大小の城持ちとなったワケですが…2つ揃って飾る場所を確保するには、まだまだ遠い道のりのようです(爆)
先月末にeBayで見掛けた2007 New Eggの騎士。昨日からプレモランドさんで絶賛発売中です。
アメリカ限定のモノらしく、今回は海賊モノは無いのかな?全3種のようです(他2種も発売中です)。
ミニミニバギーにのった子モビeggも気に入ってポチッと(笑)
↓他にも品切れ中だったスペシャルのシスターなんかも再入荷中のようです~。


【プレイモービル専門店プレモランド】

本日、3月14日から吉祥寺の伊勢丹、新館5Fにプレイモービル売り場がオープン(リニューアル?)するとのコトで、買い物ついでに寄ってみました。
増田屋時代の廃盤商品がザックザク!というようなコトは全くなくて(^_^;)、いわゆるデパートの一般的な子供向けのおもちゃ売り場、といった佇まいでした。テーブルが一つあって、そこにいくつかのプレイモービルがおいてあって、実際に触って遊べるようになっていました。
品揃えもアガツマ版現行品のみ、しかし種類と量はそこそこで、大箱もトレインや方舟、海賊船等ありました。モチロン、全て国内版定価です…(^_^;)
PM4256box.jpgところが、夢の国のお城シリーズを見ていたら、未入手だった4256王様の椅子が…なんと税込み2,415円でありました。
他の同じくらいの大きさのモノも2100円~2600円前後だったので、価格が改訂されたのかな?と。
確か、以前は3600円くらいで、ちょっと内容の割にはコストパフォーマンスが足りないなぁ…と購入を見送っていたンですが(^_^;)、この値段なら!と。
せっかく、ここまで来て手ぶらで帰るのも何だし(笑)

yuzawaya_tana.jpgそれから駅前のユザワヤでプレモチェック(笑)
と言っても余り期待はしてなかったのですが…大体想像通りでした(笑)
一時よりは売り場面積が増えて、棚4つ分+スペシャル用のポップ棚。LEGOと比べても(デュプロ等除けば)そこそこ遜色ない程度に展開中(笑)
一応、池袋ビックの4倍以上…あります(^_^;)
ヴィクトリアン・シリーズの廃盤商品が少々と、まだ増田屋のシールの貼られた商品が結構ありました。
が、個人的にはグッとくるものは無くて(^_^;)、カスタム用の染めQを買って退散。
昔はアドオンとか山のようにあって、ドイツ限定の並行モノも扱っていて、ホント楽しい売り場だったンだけどなぁ…。ちょっと寂しいですね(笑)

結局、肝心のとらやのうさぎ饅頭は本日分は完売!でガックリ。
しょーがないのでゴディバで買って誤魔化しました(笑)

…ところで、帰ってきてからアガツマさんのサイトを見て価格を確認すると…

「あッ…!」

やってしまったようですね…ははは。
red_wiseman1.jpgカスタム魔法使いシリーズ第3弾(笑) 赤魔道士です(^_^;) クラスチェンジに悠久の時を経たのかかなりの年寄りです…。

シンプルな、全身真っ白とか真っ黒とか…そんなオールドテイストなカスタムを作ろうとして、取りあえず思いついたマジシャン・シリーズ(^_^;) 意外とプリントのないパーツを探すのが大変でした。なので、今回のこのカスタムはプリント消しを多用しています。red_wiseman2.jpg上半身はスペシャル4649の「バーベキューとーさん」が現在最も低価格で入手し易い(しかもプリントが無い!)ので、それを使うのが一番ですが、ジャンクパーツの中に使えそうなのがあったので、これのプリントを消して使いました。

スカートは3021のパッケージ手前の女の人のモノ。共にスポンジやすり1500番でプリントを落として、コンパウンドで磨き直し、つや出し用クロスで仕上げ磨き、の工程で消してあります。print_clean.jpg

RW_bunkai1.jpgRW_bunkai2.jpgちなみに足パーツは至極カンタンに外れます。ボディを分解して下半身を分離したら、中央の突起を小さめのマイナスドライバー等で押し下げます。すると、ご覧の通り、するりと足パーツが外れます。はめる時もカチッとハマり、裸足バージョンや他の靴などにカンタンに変えられます。

マントは3653から、これぞ魔法使い用!といった趣の赤い帽子は3633の山賊(^_^;)から。
ホントはツバをめくり上げないでフラットに、もっと幅広く、てっぺんは少し後ろに垂れ下がっている…というのが理想なんだけど(笑)
この帽子を元に型取りして作ろうかなぁ…。
プレイモービルのいわゆる魔法使いの帽子って、ターバンに円錐状の帽子の組合せなんで、今ひとつアラビアンなテイストが漂っているような気が…。
やっぱりトールキンに代表されるファンタジーな魔法使いの帽子って、イメージが違う気がするンすよね…(^_^;)

red_wiseman3.jpg最後に魔法使いの弟子と一緒に…(笑)
レッドリボンの赤いノーム。これも遙々海を渡ってドイツからやってきました。宝箱の中の金塊がいくつか欠品でしたが、かなり格安で入手出来ました。Aさんに感謝です(^_^)
後は…アドオンの赤い家と撮影…したいなぁ…(笑)
http://www.brickset.com/detail.aspx?Set=10182-1
↑こんな素敵な新製品が出るみたいです。
10182: Cafe Corner。街並みの一角にあるHOTELとその1階にあるカフェを再現したセットなのかな?
3739 ブラックスミス・ショップを手に入れて以来、LEGOの建物系への憧れはとどまるところを知らず、クリエイターのハウスデザイナーをいくつも買い込んだりして、いつかは自作のいろんな建物を…と夢見てはいるものの、時間やパーツ不足等でなかなか進まず…。そんなこんなしていると、今年の城はデザインが良さそうだし、このカフェコーナーも大きさのバランスや配色等、まさにこんなのが欲しかった!という逸品になりそうです。
ポッチが表面に余り出て無くて、ソリッドな感じがまたスケールモデルっぽくて良い雰囲気です。
こ~ゆ~のはプレイモービルファン、特にヴィクトリアン・シリーズなんかを集めている人にも強烈にアピールするンじゃないでしょうか?(^_^;)
元々、LEGOもプレイモービルも両方好きで集めている人って多そうですし。
あ、自分もそうだ!:)
PM_old_klicky_1.jpg先日、仕事の合間を縫ってリコベルという雑貨屋へ行って来ました。たまたま見掛けた方のブログでセール中との記事を拝見し、西から東へと東京横断してはるばる出かけていったのでした。
ricobel.jpgKLICKY時代のオールドプレイモービルは。やっぱり一般の人にもマニアにも人気が無いのか、ほとんど売れてないように見えました(^_^;)
箱の中にはすんごい一杯のオールドモビたちが…!
1袋300円で2体~3体のモビが色んなアクセサリーや馬等とセットになっていて、選び放題!
ざっと見て、60袋くらいありました。

さてさて、それで品定めをしていると…
「あった!」
心の中で叫ぶと(笑)、そこには探していたKLICKY時代の手押し車の入ったセットが!
他にも探していた帽子や掘り出し物の椅子やアクセサリーがザクザクと!
PM_old_klicky_2.jpg結果はご覧の通り、17袋でモビ39体(うち27体がKLICKY時代の手首が廻らないタイプ)、馬5頭、アクセサリー等でした。
1枚目の写真の通り、このへんのアイテムが手に入っただけでも元以上は取れたような…(笑)
まぁ、程度は軒並み、並程度のモノばかりでしたが、クリーニングで蘇る程度の汚れだったし、何より、1体あたり100円~150円という安さだったので◎です(^_^)
PM_old_klicky_3.jpg中にはペイントヘッドも含まれており、これらやメッキモノなんかは年代の割に綺麗なモノが多かったです。
2時間半以上掛かって辿り着いたお店でしたが(^_^;)、何より自分の足でゲットしたのと内容に、大満足でした~。
LEGO_SW_7654etc.jpg発売になったばかりのドロイド・パックとクロトル・パック、ついでに衝動的にAT-STも買ってしまった…。
ようやっとトルーパーの武器が専用モールドの新パーツに! もうメガホンを振り回さなくても済むようになった…(^_^;)
しっかし、ここのトコロ忙しくて、全然LEGOも組んでいないなぁ…。といいながらもアクアレイダースの買っていなかったのもついでに買っていたりする(^_^;)
LEGO_new_aqua.jpg

潜水艦はちょっと我慢しました(笑)

7月には新CASTLEシリーズを大量購入予定なので、少し控えようかな…と(笑)
置き場所は後から考えようっと:)
↓パッケージだけ見てもかな~り期待出来そう…!!
http://news.lugnet.com/castle/sets_2007
3448_katarog1.jpgeBayで購入したりした80~90年代のオールドの城等、昔の大箱モノには組立説明書の裏に、色々なセットを使ったジオラマ写真が載っていました。中世の城や家を並べて作る街並みは、日本の子供達には住宅事情からいっても、とても無理だとは思いますが(^_^;)、海外では皆、こんな風にして遊んでいたのかな…?
ともあれ、このジオラマ写真がとても素晴らしく、また城の組み替え遊び等の参考になるので掲載してみました。
(最近の4435バーバリアンの砦なんかは、城壁全体が一体成型でちょっとガッカリだったけど。)
今では、昔の城や家などはそうカンタンには揃えられないけれど、騎士系のプレイモービルを集めるならば、是非一つは欲しいアイテムのハズ。
城が駄目ならせめて城壁だけでも…(^_^;)
これをバックに写真を撮るだけでも、普段とは見違えるようです(多分…)(笑)
3448_katarog2.jpg3448_katarog3.jpg3448_katarog4.jpg

http://toypara.com/shousai.cgi?id=PM7847&t=pm_addon
今年の初めに、お年玉代わりにプレイモービルのアドオンの赤い家を購入。
それと対になる(?)青い家がドイツの公式ページにのってはや半年以上…。
先日、ついにしびれを切らして(^_^;)、海外から取り寄せたけれど(まだ届いていない…(T_T))、今日サイトを見てたら、何とトイパラさんで発売中でした。しかも安い!
海外でも35$くらいだろうし、国内でこれなら…!
2個目…買うか…???(爆)
clockorange_mobilA.jpg去年の2月に発売された「フィギュア王」No.85のプレモ特集号、これに載っていた「時計仕掛けのオレンジ」のカスタムに非常にカンドーして、いつかは作ってみたいと思いつつ幾星霜…(笑) またもや同じ様な出だしですが(^_^;)、その時から今まで余り真剣にやろうとしていなかったので、腰回りのパーツが何を使っているのか、さっぱり検討もつかなくて…。

ある日、ふと棚のスペシャル4590のエイリアンを見ていると…「あっ!」。
そうです、このエイリアンの腰回りのパーツ、これを前後逆にして使っていたのでした(モチロン、プリントは消してあります)。
2001年に発売され、古さからいったらスペシャル全体の歴史からすると、古い部類に入るハズですが、さっぱり人気の無いエイリアン。
これがまた急に魅力的に見えて来ました(笑)
他にもインディアンなんかが同じカタチのパーツを使用してました。

clockorange_mobilB.jpg

そんなワケで、このパーツを使ってカスタム。
帽子は3319等、髪の毛はスペシャル4643の王子等、首回りはスペシャルの4617煙突掃除人のを前後逆に使用、下半身は4623小児科医から。ナイフはスペシャル4524死刑執行人等のモノ。
ヘッドパーツは女性モビの頬紅のあるタイプの、眉とまつげの一部を消して使用しました。
誌面のカスタムでは首廻りのパーツは無く、下半身もオールドタイプの一体成型モノにサンタ等の黒いブーツパーツを履かせていました。
やるからにはオリジナリティを加えたい…といつもの余計なカスタム魂が(笑)

それと、スペシャルを中心にカスタム出来るのがポイントかも。やっぱり価格の安いスペシャルからならば気軽にバラせますから(笑) とはいえ、何種類もからだとコストが…。まぁうまく他のパーツを使って、また別のカスタムを作れば良いのですけど(^_^;) 意外と白いボディと腕を用意するのが難しかったりして…。


最後におまけで“キューブリック”ではなくて“プレイモービル”ポスター風のグラフィックを(^_^)
clockorange_mobil_poster.jpg
chair_greenB.jpg

先月に書いた記事のミニチュア・チェアの、パントン・グリーン。ヤフオクでゲットしました~。
思ったより濃いグリーンで、リーフ・グリーンといった趣。プレイモービルの“木”の葉っぱの緑より若干薄いくらい(^_^;)
なかなかキレイな色です。

chair_greenA.jpg

1/6では高くて(いや、1/1はもっと高いけど(笑))余り買えないけど、この大きさならもっといっぱい欲しいなぁ~(笑)

※試験的に画像サイズ、リアルビューサイズ表示で(^_^;)
pm_sc_00.jpg以前、プレイモービル関係のブログをサーフしていた時に、どなたかのページで、この
[maisto社製のスマート フォートゥークーペ 1:18 モデルカー]に乗っているモビの写真を見たことがあって、いつかは手に入れようと思っていたのでした。

大きさも実に手頃で、まさにプレイモービルにピッタリ! 作りは雑だけどディティールはそこそこ細かいし、一部にダイキャストを使っていて重量感もあり、それほど安っぽくは無いカンジ。
前輪もハンドルと同期して左右に振れます。後部ハッチの床下にはちゃんとエンジンもあるし、エクステリア類もそこそこの情報があります。

どれどれ…ちょっと乗せてみようかのぉ…

……あれ? す、座れない…!!
ガ~ン…。

なんと、座席が高いのか、とてもモビは座れない!
ハンドルもつっかえるし…。当たり前か…。
プレモのクルマのハンドルは大抵、下部が切り欠いてあって足が当たらないようになってるンですよね…。

でも、例の写真はちゃんと座っていたような…。

諦めきれないので(^_^;)、座席を取り外して切り詰めて座高を低くしよう!
…と思ってはや幾星霜…(^_^;)
最近になってようやくカスタムに取りかかったのでした。

pm_sc_01.jpg

↑座席を取り払ったトコロです。
後部ハッチは上下別々に(実物同様?)可動します。


pm_sc_02.jpg

↑右がノーマルの座席。左が切り詰めて低くしたモノです。
幅広カッターとノコとでサクサク削れました。
樹脂はプレモのボディよりは柔らかめで、カンナで削るように
薄めに何度も削っていきました。
どっちにしろ完全に見えなくなる底の部分なので、それほど
丁寧にしなくてもOKでした。


pm_sc_03.jpg pm_sc_04.jpg


↑運転席、助手席共に削ったら元の位置に戻して(元々取り外せるようになっていたので)、
若干ぐらつく助手席側のみ瞬着で接着しました。
ドアは、腕を上げないとキチンと閉まらないのがキモチ気になりますが…(笑)


pm_sc_05.jpg

うぉっ!どこに乗っていたのか…幼児と乳幼児&B型バギー。
一応、2人乗りなンすけど、スマート(^_^;)

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。