mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imgp6053.jpg今回のお話は『初期衝動』。
そもそも、Brick Fan Townのお誘いが来た時、大抵の参加メンバーは、
「よっしゃ、まかしとき! …ところで、え~っと、何作ろうかなぁ…」
なんて、ちょっと悩んでしまったのでは無いでしょうか?(^_^;)

実際、参加者ブログでも何を作って良いか分からないメンバー、もしくは作りたいけれど良い資料も無く、探すあても時間も無い…といった方も含めて、広く参加者に資料として様々な写真、作品などが画像、URLなどで提供(勿論、参加メンバーの無償の努力において)されていました。

だが、しかし…そんなメンバーを横目にしながら、ホホホとほくそ笑む不気味な影が一つ…(笑)


実は、ワタクシの場合、カフェ・コーナーが発売され、その後組み立てた後早々に、既にいくつものモジュール仕様のオリジナル建物がBrickshelf Galleryなどで発表されていたのを知り焦りつつも、自分でも「オリジナルの建物を作りたい!」と構想を練っていたのです。

IB_raf1.jpg
それが↑の図版(1)のラフスケッチなのです。
脇に“これから作る予定リスト”が虚しく載っていますが…(^_^;)、そんな予定の一つに、この花屋が上げられていたのです。
ですから、Brick Fan Townの話が来た時は、小さくガッツポーズをしたものです(笑)
とはいえ…アイデアだけあっても作るのは決して楽では無かったのですが…(^_^;)

作るものは決まっていても、詳細は何も考えていない状態です。外観だって決めていたのはモジュール仕様の3階建て、という事だけで、実際にはミーティングで各階の高さや基盤からの底上げ等々、様々な仕様が徐々に決まっていき、すぐに取りかかれる程甘くは無かったのです。

そこで、まずは定石通り資料写真を探します。
イメージは欧州の古くからある花屋、それも角地に建ち、ガラス面が大きくとってあって、お店の中にある花々が外から見えるような雰囲気を持つお店です。
いくつかの写真の中から、かなりイメージに近い1枚が見つかりました。

imgp6053.jpg ParisFlowerShop.jpg
↑それが、これです。
斜めの角のガラスの感じや、白と茶のコントラスト、屋根の形など、ほぼ『In Bloom』に引き継がれていると思います。
2枚目はお店の外にも溢れる花々の参考写真です。日本の花屋さんでも同じような雰囲気はあるし、実際、店の中までの写真は余り海外ものが見つからなかったので、店舗内はかなりの想像で作っています(^_^;)

IB_raf2.jpg
↑これらの資料を見比べながら、簡単に描いた最初のスケッチがこれです。
当初の階段は、資料写真に忠実に、表の通り沿いに作られていますね。
屋根はエンジのスロープで作るのは決まっていた(オークションなどでエンジのスロープパーツを沢山購入してあったので。それでも結果的にはデジラさんでかなり追加購入しました(^_^;))ので、エンジ色に塗られています。
2回目のスケッチ(右の小さいもの)では階段は横に移されています(^_^;)
店先に花を並べようとすると、階段が邪魔になってしまう…と考えたのかな? ちょっと今は思い出せないンですが…(^_^;)

とにかく、階段をアクセントに使いたかったのだけは確かです(笑)
基本的にはモジュール仕様だと、裏庭にあたる部分が見えなくなるように、建物と建物の間はピッタリくっつけられます。これが、会場で沢山の建物がピッタリ並ぶと…壮観!…という前提で、自分のトコロだけちょっと崩そうかな?と(^_^;)いう天の邪鬼な考えからこうしたのですが、実際には升目ピッタリに作る人はそれほど多く無かった…という結果に(笑) ようするに、皆一癖も二癖もあるツワモノばかりだったという事ですね(^_^;)

IB_raf4.jpg IB_raf3.jpg
↑3、4枚目のスケッチでは既にクルマや露店のアイデアが出来ていますね。
花屋の宅配カーは見た目はシンプルなのですが、かなり変則的な組み方をしていて、自分自身でもかなり勉強になりました(笑)(実は途中ではくしゃくにやんわりと駄目出し(^_^;)をされて、漢の意地で考え直したのです(爆))

露店では、ケバブ屋は作れたものの、花屋の簡易店舗の方はタイムアウト!で作れませんでした。
クルマももう少しチャレンジしたかったのですが、如何せん作業量と時間との兼ね合いで…。まぁ、それは参加メンバー皆、どこかしら、やり残した感はあったと思うので、同じ気持ちだと思います。やってもやっても楽しくて、設置締め切りさえ無ければまだまだ、街造りを続けていきたかった筈ですから…(^_^)

そんな訳で次回は実際の作品写真を見ながらの回顧録(!?)となります(笑)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。