mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bricklink_start1.jpg先日、ようやく重い腰を上げて(^_^;)、Brick Linkをはじめました。


そもそも英語だけで取引するのが面倒&億劫だと言う以外にも、MacOS9のFireFoxなど一部のブラウザではブリリンのフレームが正しく機能しなかった、というのも大きな理由の一つでした。
OSの問題は、一昨年マシンがクラッシュして以来(>_<)、OSXに完全に乗り換えざるを得なくなってからは心配なくなり、あとは英語力とクレジットカード決済の問題だけ…となりました(^_^;)
いや、あとは、はじめたら絶対に買い過ぎちゃう(大抵カードは翌月末の決済なので)…と容易に想像出来た為、躊躇していたンですよね…きっと(笑)

しかしながら、ここで大きな局面を迎え、国内ショップでは到底揃えられない部品を多数用意して作品作りをしなければならない事態が…!(これは後日発表します)
あ、テレチャンじゃ無いですけどね。
…って、放映後なのですべりまくりですね…ははは。

そこで、はくしゃく氏の協力を得て、付きっきりで1ヶ月間(ま、体感的には2時間くらいかも)の猛特訓の末、何とか自力でブリリンでの購入が出来るようになりました(^_^;)

↓最初の購入の結果はご覧の通りです。
bricklink_start2.jpg
Order Total:US $198.25
Shipping:US $48.99
Grand Total:US $247.24
lot:32
parts:2903

ちょっと送料が多めな感じもしますが、Priority mailでの発送は国内で言えば定形外みたいなものなので、重量が増えるとそれなりに掛かってしまいます(今回はこの後に出て来ますが基本ブロックを多めに購入したので)。
いま、1ドル93円くらいなので(この時の実際の取引レートは96円くらい)、$247.24で支払額は\23,991 JPY。
パーツ数の合計が2903なので、1パーツに送料を入れても10円掛かっていない(1パーツ8円ほどの)計算です(1パーツあたりの価格は、どういった種類の部品を買ったかでお得かどうか変わってくるけれど)。
実際には基本ブロックを大量に買ったので1パーツあたりの価格は下がったけど、中には$0.6くらいの部品も含まれていたりします(それでも100円しない!)。

まぁ、価格もさることながら、国内では新灰の1×2ブロックを数百個一気に揃える、なんてことは難しいので、その辺が一足飛びに解決出来る、というのが最大のメリットでしょうか(^_^;)
実際、細かく部品の価格を調べて行くと、デジラさんで買った方が安い!なんていう希少部品なんかもあります。それから、ミニフィグはブリリンでも高めの設定が多いですね。特にスターウォーズシリーズなどなど。
(もっと細かく言うと、実は自分のブリリンでの購入時の部品表示設定を、「日本へ発送可能」「新品」とカスタマイズしているので、正しくは「日本へ発送しないけど安いところ」もあるかもしれません。)

最近ではブリリンとデジラさんとブラウザに両方表示させて価格を比べていたりもします(^_^;)
ただ、人気の部品は、あっと言う間に売り切れてしまうンですよね…デジラさん。

送料のことでいうと、ブリリンは楽天のような電脳ショッピングモール。個々のお店で購入すれば、各々送料が掛かります。そこで出来るだけ同じ店で欲しい部品を買いたいわけなのですが、実際はこれがまた難しい。
値段を考えなければイイんですが(^_^;)、部品ごとに安い順などでお店が表示されるし、また安くても欲しいだけの数が揃っていないこともあります。
Priority mailは、軽ければ1000円程度で日本まで送ってもらえますが、それでも1件で1000円。
10種のパーツを10件で買ったら送料だけで1万円…。
まぁ、だからこそ店によって品揃えが違い、それが日々更新されていくので、大きなショップ以外でもやっていけるのでしょうね…(^_^;)
だから、賢く買うのは非常に難しいです。細かい事を気にしなければ買うのはカンタン(笑)
だって、実際に英語でやり取りするのは何か問題がおきた時だけ…かな?
(ショップの信頼度はオークションのような相互評価システムがあるので、基本的に悪い評価ー内容にもよるけどーが多いところは避け、評価数が多いところを利用すればそうそう悪い事にはならないンじゃないかと思います。ただ、話によると、お金だけ取って部品を送って来ない、と言う事は今のところ無い、という事です。勿論、部品が抜けていたり、数が間違っていたり等イージーミスは、ある程度許容量の範囲内で起こりえる、という事です。)

通常はカートに入れた商品の目録が、Brick Linkのシステムから自動的に生成されて、売り手も買い手もそれを見て購入代金に送料を加えた合計金額を受け取りor支払いするのみなので、英語で文面を作成する必要は全く無し。
受け取りのお知らせもシステムのボタンから行えるし、WEB翻訳(昔より賢くなったような気が…)を併用すれば英語に関しては心配する必要は無いンじゃないかな~(笑) ホント、当初、想像していたより遥かにカンタンでした(^_^;)
(あ、部品のカラーとか名称は全て英語表記なので、それに慣れるまではちょっとギコチナイかも。特に部品のカテゴリー分けは覚えるしか無いかも。)

この他、深く使いこなすにはそれなりに画面の英語の意味を理解して、ブラウザ表示をカスタマイズしていったりするのですが、逆に言えば便利に使いこなす必要性にかられなければ覚える必要も無いかな、と。
ただ、色々と覚えると便利でお得な機能が多分、まだまだいっぱい隠されていると思います…(^_^;)

そんなワケで今も米国から1件、ドイツから2件の荷物が空の上です…(笑)
激ハマリ中(爆)



更新されないなあ...と思っていたら、なにやら凄まじい事になってますね!
建造される作品、今後の展開、楽しみにしております。
しかしレゴも底なし沼ですね...(汗
【2010/05/18 18:40】 URL | GS #55eToBek[ 編集]
GSさん、コメントありがとうございます!

レゴもプレモもなんだか買うばかりで、なかなか組み立てて写真を撮ったり出来ないのが、もどかしいやら慣れて来たやら…(^_^;)
しかし、レゴの場合、「皆で一緒に作ろうぜ!」っていうのがあるので、モチベーションもアップするし、何より締め切りがあるので(^_^;)、メリハリが出ます(笑)
とはいえ今回は(個人的に)史上最大のビルドなので、先が読めない要素が多く苦戦しています。
しかも、こういう時に限って仕事が忙しかったりするのが…(^_^;)

話は変わりますが、レゴの発展には、このBrick Linkの存在がかなり影響しているのでは?…などと思ってしまうくらい、潜在的に凄い可能性を秘めたショッピングモールです。
プレモもパーツ単位で好きなものが好きな数だけ買えたら…って、海外ではそういうとこありましたよね。
国内でもパーツ買いが出来たら…なんて言う前に正規国内流通品自体が手に入り難くなっているこの状況が…(T^T)
【2010/05/18 19:41】 URL | マシクフ #q3rlVzEM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。