mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
110221_tomebrapro_PM01.jpgご存知、映画『ブレードランナー』に登場する、ハリソン・フォード演じるデッカードの持つプロップガン、ブラスター。
このプロップ・レプリカとも言えるモデルガンが、何と日本国内で製造販売されています。
今回は、この『留之助ブラスターPRO』についてまつわる話をカンタンに…。

そもそも、先日のスピナー付きブルーレイボックスに端を発するのですが、そこからみるみるうちに“ブレラン熱”がぶり返してきて、かつて熱中したこの映画について玩具絡みで色々調べていくと…。
何とあるわ、あるわ…。と言ってもスターウォーズのようにあるわけではありませんが(^_^;)、無版権の12インチフィギュアは勿論、スピナーのガレージキットや、メディコムのフューチャーカーをスピナーにする為のキットなどなど。
その中でもブラスターはちょっと特殊で、2006年にそれまで闇の中だった実物プロップが日の当たる場所へと公開されて、今まで手探りだったブラスターのガレージキットメーカーの積み重ねを白紙に戻してしまったのだ。
…と、その辺の詳しい話はこの『留之助ブラスターPRO』の店主さんのブログをご覧頂く事として…。

実はこのブラスターを作った玩具店の店主さんというのが、知る人ぞ知る…というか我々世代からは切っても切り離せない(ハズの)、『SFX映画の世界』の著者、中子真治さん、その人なのだ。
当時、スターログなどでハリウッドのSFX映画をいち早く日本に紹介し、映画『ブレードランナー』などでも、リドリー・スコットと撮影前から親交があり度々セットを訪れていたといいます。

110221_tomebrapro_PM02.jpg

時は流れ、玩具好きとなった自分は雑誌『COOL TOYZ』という玩具専門誌で、再び中子さんの名前を拝見する事になりました。
当時は仲間の方々のコレクションや、レストランやエアラインチェアの話が面白かったのが印象的でしたが、今回、本棚にある雑誌を久しぶりに紐解くと、やっぱりそこにはスピナーやブラスター関連の話も掲載されていました(笑)
元々、この雑誌は12インチのカスタムにハマるキッカケになった重要な本で、更にはレゴやプレイモービルなどについても特集が組まれており、その後の人格形成に多大な影響を与えてくれた偉大なる雑誌なのです。

そんなこんながあって(^_^;)、ブラスターの出来は勿論の事、“出来上がる過程”にまで惚れ込んで、今回購入してしまったのです(笑)
上代はプレモの大箱3~4個分でしたが(^_^;) いや、しかし手に取って納得。モデルガンを買うのは中学生の時、以来ですが、こんなに興奮したのは初めてです(笑)
『ブレードランナー』ズキの人は一家に一挺、是非どうぞ!
110221_tomebrapro_PM03.jpg


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。