mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MK_lespaul_01.jpg
先日のけいおん!プライズのレスポールとmomokoの組み合わせ、思った通り大きさはピッタリのようです。
まぁ、弦は張ってないし、ディテールもそれなりなンですが(^_^;)

MK_lespaul_02.jpg MK_lespaul_03.jpg MK_lespaul_04.jpg
プライズのギターは流石にそのままだとストラップもオール樹脂なので、留め具の辺りを除いて全てカットし、6mmと3mm幅のウェビングテープ、クリップを曲げて金具を作り、それらしく作り直しました。一応、長さの調節も出来るようにしてあります。写真には全く写ってないけど…(^_^;)

コードはプライズ付属のなんですが、これも作り直した方が良かったなぁ…。
ジャック部分が3つ付属していたので、アンプ側にも穴を開けて抜き差し出来るような仕様に。
アンプはフェンダーギターコレクションのモノ。1/8スケールのハズだけど、まぁ、アンプはそれほど大きさ気にならない…かな?(^_^;)

MK_lespaul_05.jpg MK_lespaul_06.jpg MK_lespaul_07.jpg
モデルのmomokoはロボクリスのセールで買ったLove DHEXs。momoko生誕10周年記念の商品だそうです。
やっぱり純、日本製のドールなので、momokoと言ったら黒髪、のイメージになるのかな。

ジーンズはオークションで購入した個人制作のモノ。かなりピッチピチでタイトな作りだけど、シルエットが綺麗に出て、なかなかイイ感じです。丈もキモチ長めでマル。
ラバーソールは純正品。こういったアイテムが沢山出ているのもmomokoの良いところ。
Blytheも昔はアウトフィットや靴だけなどイロイロ商品に幅があったンだけど、今はもう全然そういうのやってないですよねぇ…。
ハマり始めた頃、ベンチのセットとか大興奮だったンですが…(^_^;)

しかしmomokoもいいことばかりじゃなくて、12インチアクションフィギュアファンとしては、やはり可動範囲の狭さが気になります。
Blytheの場合、デフォルメされたバランスというのもあって、手首・足首が動かない(膝は3段階に曲がるけど)というのも諦められるのですが、momokoはなまじっかリアルなプロポーションも手伝って、色々ポーズを取らせたくなるンですが、手首や太ももに回転軸が無い為、かなりストレスを感じます。
そう思ってユーザーの皆さんの写真を見ると、凄く工夫しているンだなぁ…と感じます。

まぁ、この辺はLEGOやplaymobilなど、“もっと動かない玩具”を撮っているので、何とでもなりそうなハズなのですが…やはり色んなスキル不足は否めず…(^_^;)
こうなると、すぐ素体を改造とかしたくなっちゃいますね(笑)

MK_lespaul_08.jpg
サングラスはクールガール…か、その互換商品辺りのモノです。これが意外と大きさぴったりでした。
でもって、今日は久しぶりに秋葉原に行ってきたのですが、実験の結果、ピュアニーモ Mのアウトフィットがmomokoにピッタリ!
確かこのシリーズって『けいおん!』や『まどか☆マギカ』なんかも出ていたような…。
ムムム…。
何がムムムなのかは知りませんが、す〜ぐ邪道な方向へ行きたがるのはナゼカ…(笑)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。