mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
epl3_rf_grip_01.jpg
本体が届き、記事を書くのにまごついていると、あっという間に海外からカスタム・グリップが届いてしまいました。

その名も『Richard Franiec's Custom Grip』。
米国のリチャード・フラニエック氏が作成して、WEBサイトで直販しています。
(Paypal口座さえあれば手続きは超簡単です。)
他にも様々なコンデジ〜ミラーレス一眼用のグリップを作っているようです。
これはE-PL3/E-PM1兼用のモノ。
CADから直接データを読み取って、アルミニウムを削りだして陽極処理されているそうです。
質感は金属ならでは。プラではなかなかこうはいきません。

最初はカメラのボディ、ブラックを買う予定だったのですが年末のタイミングを逃したら5,000円ほど値が戻ってしまって、それじゃあ…とシルバーにしたのですが、こうして装着してみるとシルバー・ボディにも合うじゃありませんか!(笑)
寧ろクラシカルさが増してシルバーにピッタリみたいな(笑)
※ちなみにこちらはブラックボディに装着した時の公式アルバムです。

ちなみにボディからはストラップ用の金具はハズしてあります。
しかしこうなると逆に取り付け用の“出っ張り”が目立つような…。
モチロン、グリップは両面テープで留めてあるだけなので、グリップだけつまんで持ち歩いたりするのは止めた方が良いのですが、外へ持ち歩く予定は無いカメラなのでカチャカチャしたり、仕舞う時に邪魔なのでハズしたのですが…片手用くらいは付けようかなぁ…(^_^;)

まぁ、届いた瞬間は「こんなちっさいモノに3,700円(送料込み40.9ドル)か…」と思わなくも無かったのですが(^_^;)、装着した瞬間にそんな想いは吹っ飛びました(笑)
国内でも扱っているトコロはあるみたいですが、やはり割高なので、買うなら直販がマルですね。

いや、でも実際見た目だけでなく、カメラのグリップ力も上がっているのが実感出来ます。
シンプルな曲線の割には手に馴染む造型で、珍しくデザインと使い勝手がリンクされている逸品かと思います。
後はE-PL3の画像再生ボタンが右側にあれば…って、それはグリップと関係無いか…(笑)

epl3_rf_grip_02.jpg epl3_rf_grip_03.jpg epl3_rf_grip_04.jpg

epl3_rf_grip_05.jpg epl3_rf_grip_06.jpg



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。