mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12PM_C3PO_01.jpg
長年、このブログは意図的にplaymobilやLEGOなどの玩具中心に記事を書き、12インチ系はほとんど掲載してきませんでしたが、時代の流れと共に少しはその封印を解いても良いかな…と思い至りまして、これから気の向くままに12インチ系も取り上げて行こうと思います。
して、その第1弾にふさわしいのが、このバンダイの『12PM 超合金 C-3PO』なのです!


12PM_C3PO_02.jpg 12PM_C3PO_03.jpg 12PM_C3PO_04.jpg
まず第一印象は『重いッ!』です(笑)
今までの12インチ系でここまでの重さは流石に無かったのではないでしょうか。というくらいズッシリ。
一番心配だったメッキの色合いも(画像よりは実物は若干明るめ)ドンピシャ!で、表面も滑らかで大満足。
旧ケナー他のような、金メッキといいつつもシルバーメッキにクリアイエローを吹き付けたような偽物とは違います(^_^;)
メッキのせいでエッジも多少だるくなるかな…と思いつつも、気になるほどではなく、これまた一安心。

プロポーションや顔つきなど、プロップ資料とにらめっこして見比べたワケでは無いのですが、今までの12インチで一番、C-3POの印象。
肘のシリンダーも可動し、各関節もプロップに忠実にほとんど可動域が無く…納得(笑)
お腹のコード類も一本一本別パーツと云うわけでは無かったけれど、今までの一体成型に比べれば天と地ほどの差が…!

ただ、一つ欠点というか難点は、その自重故か足首の関節が緩く、気を付けないと転倒する危険が…。
勿論、付属のスタンドを使えば良いのだろうけど、極力スタンドは使いたくないスタンド使いなので…(笑)

12PM_C3PO_05.jpg
いや、本当に、ついこの前のTIGER & BUNNYのワイルドタイガーの出来は何だったンだ…というくらい、その仕上がりに差がありました(^_^;)
勿論、価格はそれなりにC-3POの方が高かったンですが…。
このバンダイの製品の出来が如何に優れているかは、ライバル視されているHOT TOYSがメタル版のアイアンマンの開発・発売を発表したことからも窺えると思います。
…しかし、ホットのメタル版アイアンマンは一体いくらになるのか…(笑)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。