mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3A_GD_IP_JEA_BrambleMk25_01.jpg
このカタチが気に入ってしまって、一気にブランブル・スクワッド結成!
…まぁ、部隊は全然てんでバラバラなンですが(^_^;)

3A_GD_BrambleMk25_02.jpg 3A_GD_BrambleMk25_03.jpg 3A_GD_BrambleMk25_04.jpg
まずはグレイヴディッガー・ブランブル。その名の通り、墓堀人らしく渋い配色です。
threeAのWWRシリーズでは、大抵ワンポイント、カラーリングの違う箇所、それも濃い配色には白などがアクセントに置かれている場合が多い(と今のトコ思ってます)のですが、このグレイヴディッガーは渋めのフィールドグレーほぼ一色で塗られています。
錆びと言うより、塗装の剥げたカンジ(地金が出ている雰囲気)の汚し塗装がメインになっているようです。錆び塗装は僅かに足部分に見られます。
腰のバックパック類は、JEAブランブル同様、ティッシュを詰めてカタチを整えています。

3A_IP_BrambleMk25_05.jpg 3A_IP_BrambleMk25_06.jpg 3A_IP_BrambleMk25_07.jpg
次はアイアン・パンダ・ブランブル。鉄のパンダ!何という甘美な響き!(笑)
これぞthreeAの錆び塗装!という見本になりそうな重厚感たっぷりなサビサビ塗装です。いかにも赤錆が浮いているように見えます。
この機体はワンポイントに白が使われていますが、これはパンダという名前の由来故なのか…。
とにかく全く同じ機体に、塗装やカラーリング、マーキングの違いだけで、これだけバリエーション豊かに見せられるというのはちょっと凄いコトです。
錆び塗装だってご覧の通り、機体によって雰囲気変えて来ているし、やっぱり手間暇掛かっています(笑)

ボディのほとんどがソフビ成型の為、実際塗装に救われている部分も大きいと思うのですが(ソフビの金型の為、実物のエッジはかなりダルダル。逆に言えばそれが鋳造された雰囲気を出している、とも言えるのですが(^_^;))、単なる成型色違いのソフビ玩具とは一線を画していますよね。

3A_GD_BrambleMk25_08.jpg 3A_GD_BrambleMk25_09.jpg
3A_IP_BrambleMk25_10.jpg 3A_IP_BrambleMk25_11.jpg
このロケットランチャーもソフビの塊(中空だけど)なので、触ると結構ベコベコです(笑)
見た目はもう重厚な金属にしか見えないンですが(笑)
唯一の弱点は、ブランブル本体は意外と背が低く、ずんぐりとしていてカワイイのですが、ロケランのせいで非常に場所を取ります(笑)飾るのも仕舞うのも(^_^;)
段々とドロップクロスやシーザーなど、スマートな人型のロボに移行していくのも仕方ないのかな…。
買い始めて間もないというのに、既に先行きのラインナップを心配するとは(笑)

3A_GD_IP_JEA_BrambleMk25_12.jpg
だって、やっぱりthreeAのロボはカッコイイというよりは愛嬌があるというか、カワイイ系だと思うンですよね、個人的には。スクウェア以外のロボも(^_^;)

そういえば、自分の勘違いだったのか、24時間セールだと思っていたFRANK and SNIPPYも、そうじゃないDamaged Bertieもまだストアで売っていますね。やっぱり伸びが良くなかったのかな…(^_^;)
それとも台湾でのイベントのせい?(^_^;)
公式ブログこちらで台湾のthreeAイベントの様子が見られます!
1/12スクウェアって、Bertie MK 2などにセットでバラバラと入っていただけで、10Packなどのセットとしては売られていなかったンですね…。と言うことはもしかすると、これから公式ストアでセットで入手出来る可能性が…!
今なら最低でも2セットは買ってしまいそう(笑)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。