mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3A_IronPanda_LM_01.jpg
World War Robot Seriesから今回は Large Martin。所属は前回のBrambleと同じIron Panda。鉄のパンダ。
ずっしり重厚な機体に愛嬌のある…しかし実は獰猛なパンダの名称が良く合います(笑)
3A_IronPanda_LM_02.jpg 3A_IronPanda_LM_03.jpg
胴回りはBrambleと同じくらいですが、これを縦方向に2倍以上に伸ばして、更に右肩にキャノン砲を1門装備(両肩に砲を装備したDamn Large Martinという種類も有ります)、両手はいつもの可動指では無く、敵を叩き潰すのに特化したハンマー状(笑)
設定のイカレっぷりが窺えます(^_^;)

3A_IronPanda_LM_04.jpg 3A_IronPanda_LM_05.jpg 3A_IronPanda_LM_06.jpg 3A_IronPanda_LM_07.jpg
背丈はBertie Mk 3の方がやや大きいのですが、それでもトータルで入手出来ている機体の中では最大ボリューム。
重心もキャノン砲のせいでやや高めなので、余りアクションは出来ないのですが(^_^;)、有り余る存在感で消し飛んでしまいます(笑)
両腕も回転軸がいくつかあるので捻りなどは出来るのですが、肘関節の可動範囲は狭く、右腕は砲の影響で余り腕が上がりません。
バックパック類は例によってティッシュを詰めてカタチを整えています。しかし、このLarge Martin Iron Pandaのモノは大量にアクリル塗料で汚し…というか彩色されている(笑)ので、ゴワゴワでした(^_^;)

3A_IronPanda_LM_09.jpg 3A_IronPanda_LM_10.jpg 3A_IronPanda_LM_08.jpg
腰のバックパックを外すとスッキリ。機体の文字も読めます。…別段、浦和にある某Jリーグ・チームを揶揄しているワケではないようですね…(^_^;) これは火星軍についての野次かと思われます(笑)
このIron Panda軍団はモノアイの下に涙のようなペインティングをするのが習わしのようで、これがまたイイ味を出しているのです。
凶悪なのにユーモラス。World War Robot Seriesの特徴がよく現れているのではないでしょうか(笑)

3A_IronPanda_LM_15.jpg

3A_IronPanda_LM_14.jpg
そんなワケでBrambleとツーマンセル。BrambleにはArmstrongのランチャーを持たせています。
こうして並べるとLarge Martinの巨躯さが分かります。こんなんで殴られたらニンゲンはひとたまりもありません(笑)
ただ機動力は無さそうなので、それが弱点っぽいですね(^_^;)

このLarge Martin、同じIron PnadaのBrambleと並べるとハッキリ分かるのですが、何か錆び塗装のカンジが違うンですよね。特徴的なチッピング(スポンジで“はたいたような”錆び塗装)が影を潜め、ドライブラシが中心のような…。
所々に有るボテッとした茶の斑点も気になるし、近い将来、リペイントならぬ塗り足しを施したいと思っています(^_^;)

3A_IronPanda_LM_11.jpg 3A_IronPanda_LM_12.jpg 3A_IronPanda_LM_13.jpg
でもって、人型との比較画像です。モデルは最近Bamba Landから出荷されたWWRp Barguest de Plume。
詳細は改めてしたいと思いますが、実はこれ、すっごく良く出来てて、一見すると1/6スケールを勘違いしちゃうようなディテールです(バックルなど見ると流石にオーバースケールなのが分かっちゃうンですが)。
例によって縫製などが技術的に凄く良く出来ているワケでは無いのですが、通常の12インチ・フィギュアが着せ替え出来るような前提で作る部分を割り切って接着したりして、更に汚しをするコトで上手く精密感を高めているように思えるのです。それでも極力、1/6で布だった箇所は布で再現しているのが凄い!
素体もホ○ト○イ○のコピーを正確にダウンサイズしており、間接などは若干緩いものの、プロポーションや可動範囲などもそのままに再現! タカラの1/12特殊部隊が試作品まで出来ての発表後ポシャってしまったのを経験している世代には(笑)、ドンピシャの商品ではないでしょうか。
いやほんと、ロボだけでなく、ここにヒトガタが絡んでくるとグッと楽しくなります(笑) やられ役にも、仲間にも、はたまた第3勢力としても、ヒタガタ1/12は沢山欲しいトコロですね(^_^;)
で、この1/12のヒトガタがこれだけ良く出来ていると、やっぱりWWRpシリーズを中心にユーザーが流れていくのは自然なコトかも知れません。1/6はヒタガタはともかく、ロボがデカいので…(^_^;)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。