mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fd001.jpg
ちょっとここら辺でコーヒー・ブレイク、昔の思い出話でも…。
もうかれこれ10年以上になるでしょうか。調べてみると、このホッケーマスクのカスタムを展示したのはC.F.E.2002、つまり正確には11年前ですね…(^_^;)
素体はBBIの1stジェネレーションでチェインソーなどは21st製。今のホットトイズなどの精密な12インチ・フィギュアから比べると、実におおらかな時代でした(笑)

fd002.jpg fd021.jpg
それでも当時は自分なりに頑張ってカスタムをしていました。
このマスクはレゴのバイオニクル・シリーズが出たての頃で、まだテクニック・シリーズだった頃かな…?
これを流用、ディテールアップして塗装などを経て使用。汚しや錆びの表現など、スケール・モデルを意識しているので、細かすぎますが…これ、threeAに通じるモノが…無いですか?(^_^;)

jack034.jpg

jack037.jpg jack032.jpg jack050.jpg jack048.jpg
この爪男のカスタムもフード付きジャージ(自作!)に布製スニーカー(半自作)、マスク(これもレゴ)の錆びっぷりに腰のバッグに繋がるチューブ…。
どうでしょう? ちょっとシンクロニシティ…というか、10年早かった!みたいな(笑)
threeAの各種キャラクター達と共通する“何か”が感じ取れないでしょうか…(笑)
…まぁ、単純にこういうのが昔からスキだっただけなのですけれども…(^_^;)

3ZERO_SDU.jpg 3ZERO_SDU_A.jpg 3ZERO_SDU_B.jpg 3ZERO_Michael_Lau.jpg
そんなワケで、threeAも前身とも言えるthree ZEROの頃から注目していたワケでして(無理矢理だ…)、かつては恵比寿のMr.クラフトで12インチパーツのバラ売りをしていた頃から結構買っていました。
SDUは結局フルセットで買ったのは発売から随分経ってから…だったかなぁ…。
最初はNAVY SEALsのコマンダーのセットを買ったハズ。当時、ホットトイズから出る前…だったのかな(ホットトイズ製のNAVY SEALsは、当時、雑誌クールトイズに掲載されていた写真がえらくカッコ良くて、身も知らぬ地方のショップから通販で1万以上出して買った…)。
three ZEROのはメットや銃なんかがダイキャストでディテールも甘く、決して出来は良くなかったけれど、何だか商品構成なんかがグッと引きつけるものがあったンですよね…。
SDUもマイケル・ラウ作のこのヘッドが欲しくて、ヤフオクで2個も3個も買った記憶が…(^_^;)

その他2次大戦の英軍パイロットなんかも買ったり、伝説のthree ZERO BAND(ギター、ベース、ドラムの3ピースで、各々ちゃんと楽器も付属!)も香港のショップからヤフオク経由で購入したり…。
3ZERO_band_pix.jpg
※three ZERO BANDの写真も発掘!(これはドラムが赤いバージョンですね。他に青バージョンもありました。)

3ZERO_MPG1.jpg 3ZERO_MPG2.jpg
中でもこのジェイソン・シュウのモンキー・プレイ・グランドは3体セットで予約してまで買ったなぁ…。
しかし香港フィギュアはマイケル・ラウを始め、ヘッドを無機物に置き換えるのがスキみたいですね(笑)
勿論、自分もそこがスキなンですが(^_^;)

3A_CS_Jerrycan_test_1.jpg
そんなワケで久しぶりのカスタム熱が沸々と沸き上がって来たので、threeA風汚し&錆び塗装の練習!
…と言っても1時間ほど作業したら急に忙しくなって、それっきり…になって放置された状態なのですが…(^_^;)
この後もちゃんと塗装を続けて完成させたいトコロです。
これはドラゴンの米軍用ジェリカンですが、こうして過去の12インチ資産が活かせるのも魅力です。
取りあえず身近にある21stのパーツなどに錆び塗装を施して、生まれ変わらせようかと算段中なのです(笑)
そして、ゆくゆくはthreeAのロボなどもオリジナルや未発売部隊のカラーへのカスタムも挑戦したいですね。

【5/21追記】
※three ZERO BANDの写真を追加しました。



おぉ〜色々懐かしいですね!...11年前ですか...
ThreeZEROのマイケルラウヘッド付のSDU、2パターンありましたよね、どっちも購入、数年後にスニーカーの接着剤が劣化してボロボロになっていったのも懐かしい思い出です。
英軍パイロットはちょっとベッカム風だった彼でしょうか、NOVUMさんで買ったなあ...
何年か後、米軍アビエーター
(トムクルーズ風)が某所で投げ売りされていて、2000円くらいで購入出来てしまい、嬉しいんだか哀しいんだかだったのも良い思い出です:)
ステカセキングもThreeZEROだったんですね、いやホントいろいろ懐かしく拝見しつつ、現在進行形のマシクフさんカスタムの今後の展開も楽しみにしておりますデス。
【2013/05/21 03:40】 URL | GS #EUkFEvXI[ 編集]
GSさん、コメントありがとうございます!

threeAのWikiによるとZEROが始まったのは2000年、およそ13年前になるみたいですね。
ドラゴンや21stなどの大手は勿論のこと、three ZEROやHOT TOYS、その他のガレージ・メーカーなどが無ければ12インチのカスタムの盛り上がりは無かったでしょうね(^_^;)

英軍パイロットは顔、思い出せないなぁ…(笑)
合皮のスーツがふわふわしててキモチ良かったのしか思い出せません(^_^;)
トム似の米軍アビエーター、いましたね〜。
確か既にHOT TOYSのを持っていてスルーしていたような…。
あの頃はBBIもアビエーター出してて、ちょっと食傷気味だったような気も…(^_^;)

でもこの頃から各メーカー間で同じアイテムを開発・発表していって、切磋琢磨した結果、全体の品質が向上したような気もします。
最初は樹脂製が当たり前だったポーチやブーツ類もついには全て縫製になり、今日に至るわけですが…当時、まさかHOT TOYSのヘッドがこんな出来になるなんて、誰が予測出来たでしょうか?(^_^;)

まぁ、現用ミリタリー系の進化はその反面、装備類が細かくなったおかげで、組み上げるのに非常に時間が掛かり、かつ各パーツ類も繊細になりすぎて壊れやすいなどのデメリットも生む事になっちゃったワケですが(価格も随分と上がりましたよね)、実物と比べるとまだまだ正確にミニチュア化されてない部分などもあり、カスタム猛者の欲望を満たす事は出来ないようですよね(^_^;)

ところがthreeAのなんちゃってミリタリーな製品群はそういう細かいコトが一切無いのが気楽と言いますか…(^_^;)
まぁ、とにかくまずは身近なモノを錆び塗装して楽しんで行こうと思ってます(笑)
と言うかまずは少し買い控えないと、ブログで紹介するのが買い物に全く追いついていかない状況になっているンで…(^_^;)
【2013/05/21 14:03】 URL | マシクフ #q3rlVzEM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。