mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
capsuleQ_F_railgun_01.jpg
ここのトコロ、深夜アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)S』にハマっていまして、そんな流れでちょっと前に出たカプセルQフロイライン・シリーズをセット買い。
ついでに『偽物語』姉妹やエイリアンなどもバラ買いして、久しぶりの食玩サイズが充実です(笑)
capsuleQ_F_railgun_03.jpg capsuleQ_F_railgun_04.jpg
まずは物語の主人公、学園都市に7人しかいないレベル5の一人、御坂美琴(みさかみこと)と、街の風紀を守るジャッジメントであり、美琴を異様に慕う白井黒子(しらいくろこ)。
400円ではあるものの、カプセル・フィギュアとしては結構な大きさ。いつも通り、スカートと下着の分割具合はおかしいくらいこだわりが…(^_^;)

capsuleQ_F_railgun_05.jpg capsuleQ_F_railgun_06.jpg
佐天涙子(さてんるいこ)と初春飾利(ういはるかざり)。ラノベらしい(原作はラノベ派生のコミックだけど)キャラクターの名前はどっちが姓だか名だか分からない…(^_^;)
不自然なほどスカートがめくれているのはどうなンでしょうか…(^_^;)

capsuleQ_F_railgun_07.jpg
このシリーズはヘッドがボールジョイントで接続されているので、多少のポーズ変更も可能で、更にこのような差し替えも可能!
OVA版のあのシーンも再現出来ます!

capsuleQ_F_railgun_02.jpg
顔とかプロポーションとか、アニメと比べるとちょっとデフォルメ入っていて、必ずしも忠実な感じじゃないンだけど、価格の割には満足出来る…かも(笑)
当初はfigmaを買おうとしてたンだけど、レールガンのfigmaは2人とも限定パック付属だったり、今ひとつ劇中キャラに似てない雰囲気だったので。

capsuleQ_F_nisemonogatari_01.jpg
続いて『偽物語』。
大きい方の妹、阿良々木火憐(あららぎかれん)と、小さい方の妹、阿良々木月火(あららぎつきひ)。
これはfigmaでも2人とも買ってはあるンですが…、以前出た『化物語』がそこそこ良かった印象なので、この2人だけつまみ買い。

capsuleQ_F_nisemonogatari_02.jpg
2人の身長差は結構良く出てます。しかし、如何せん火憐が今ひとつ似ていないかなぁ…。
ポーズも並ばせる為に無理に座りポーズにしなくとも…、とか不満はあるものの、上着が脱げる仕様はちょっとイイ感じ。

capsuleQ_F_nisemonogatari_03.jpg capsuleQ_F_nisemonogatari_04.jpg capsuleQ_F_nisemonogatari_05.jpg
月火は割とイイかも…と思わせる出来なンだけど、実はこれ、レールガンと比べるとかなり小さいのです。
というかレールガンが大きいのか…。
いや、同じシリーズと言っても良いハズの『化物語』と比べても何かスケールがおかしい…。
いや、勿論、スケール・モデルじゃなくて、カプセルフィギュアなのは分かってるンですが(^_^;)

capsuleQ_F_nisemonogatari_06.jpg
取りあえず全員集合。

capsuleQ_F_nisemonogatari_07.jpg capsuleQ_F_nisemonogatari_08.jpg capsuleQ_F_nisemonogatari_09.jpg
前回紹介した、ひたぎと忍以外の3人をとりまとめて。
開けてみたら、意外と神原がイイ感じ。顔は似てないンだけど、ポーズや造型がなかなか良く出来てます。
羽川も眼鏡がちゃんとクリアだったりリボンが再現されていたり、右足のローファーが脱げ掛かっていたり、と造型、ビネット的にも凄い出来!なンだけど…やっぱり似てないンですよねぇ…(^_^;)
この大きさで求めるのは無理なのかも知れないけど、忍の出来が良かった(これだけ原型は榎木ともひで氏)だけに、他のキャラも頑張って欲しかったなぁ…。
真宵はもみあげのモールドが残念…。大きさは良いンだけどなぁ…。

capsuleQ_alien_01.jpg
今度は打って変わって、カプセルQキャラクターズから、エイリアンフィギュアアンソロジー。
ビッグチャップ2種だけ指名買いです。

capsuleQ_alien_02.jpg capsuleQ_alien_03.jpg capsuleQ_alien_04.jpg
ポーズ1。いわゆる素立ちですね(^_^;)
それほど抑揚が付いて無く、1作目の雰囲気は結構良く出ているンじゃないかと思います。
色合いは写真だとちょっと焦げ茶色が強く出てますが、実物は割とイイ感じです。
この大きさでグラデっぽい塗装が入ってます。

capsuleQ_alien_05.jpg capsuleQ_alien_06.jpg capsuleQ_alien_07.jpg
ポーズ2。これも同じ原型を流用してるのかな…?
大きさが揃っていてキモチ良いです。この大きさで、この細かさ!
結構な満足感があります(笑)

capsuleQ_alien_08.jpg
2種類とも、ヘッドカバーは外せます。流石に中の骨にはモールドが乏しいンですが(^_^;)

capsuleQ_hikaku.jpg
最後に各シリーズの比較を…。
忍が大きいのが…悔やまれます。いや、しかしレールガンの大きさを見るとこれくらいのボリュームの方がインパクトあってイイのかも。
エイリアンは…もう1.5倍…いや1.2倍でもいいから大きくして欲しかった…。
不満タラタラですが、1/8とかのスケール・フィギュアは置き場所も無いし買う気がしないし、かといってfigmaは可動するものの、やっぱりアニメキャラとかだと素肌の関節が気になるし…で、このサイズのカプセルQにはこれからも期待はしているンです、実は(^_^;)

GFT_RX78_gundam.jpg
最後に…全然関係無いンですが、カプセル・フィギュアつながり…ってコトで、バンダイのガンダムフロント東京限定RX-78ガンダム2種です(^_^;)
いわゆるあのDiver Cityにそびえ立つ1/1をカプセル・サイズに落とし込んだ商品です(笑)
ほとんどガンダム関連の玩具は買ってないンですが、これはちょっと記念に回して来ました。狙いすまして(^_^;)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。