mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3A_CS_Jerrycan_fin_01.jpg
ちょっと前からチャレンジしていた身近なモノを錆びさせよう!キャンペーン第1弾のジェリカンが完成しました(笑)
左が元のドラゴンの商品。右が錆び塗装を施したモノです。

3A_CS_Jerrycan_fin_02.jpg 3A_CS_Jerrycan_fin_03.jpg 3A_CS_Jerrycan_fin_04.jpg

3A_CS_Jerrycan_fin_05.jpg 3A_CS_Jerrycan_fin_06.jpg
久しぶりの塗装だったのですが、これ、なかなか楽しいですね(笑)
後述のようにスポンジに塗料を付けてポンポンとタッチしていくンですが、筆塗りなんかと違ってムラを気にしなくてイイし、何より多少失敗しても上塗りでいくらでもカバー出来るという(笑)

手順としては、まずは製品をじっくり見て研究。
おおよそウォッシングを最初にやってから、錆びのチッピングを3色程度重ねて行う、という感じでしょうか?
カラーウェイによって多少手順は違うと思うのですが、基本は暗い色が最後に来ているような感じがします。
またベース色にもよると思うンですが、意外と塗料だけ見ていると明るすぎるような色でも、実際塗ってみると丁度良かったりします。

それから、ついつい満遍なくやってしまうンですが、かなり“わざとらしく”偏った感じにした方が、threeAらしさが出ると思います(^_^;)
というのも、ついスケールモデル的なアプローチで、細かく塗装してしまうンですが、実際のthreeAの塗装は結構大雑把…というか大胆な感じです(笑)
今回は追求しきれなかったンですが、実際の商品にはもっと大きなスポンジパターンがあって、これはかなり目の粗いスポンジを(というかそもそも実際に工場でスポンジで塗装してるかどうかは分からないンですが…)使っているような気配が…。

そこそこ目の粗いのを選んで使ったハズではあるのですが…。
何かこう、うまいことヒゲみたいな、あの模様が出ないンですよねぇ…(^_^;)

3A_CS_Jerrycan_fin_07.jpg 3A_CS_Jerrycan_fin_08.jpg
これが今回使用したスポンジです。2〜3cm四方に切り出して、塗料皿、もしくは塗料瓶の蓋についた塗料を付けて、新聞紙などで軽く抑えてから叩くようにして使いました。
スポンジは百均で何種類か買ったので、次回以降、イロイロと試してみたいと思います(笑)

3A_CS_Jerrycan_fin_09.jpg 3A_CS_Jerrycan_fin_10.jpg
そんなワケで次回作、予告です。
最近、発送になった『Dropcloth 1.5U EMGY』ですが、これの盾の塗装が話題になってましたね(^_^;)
それとは全く関係無いのですが、ルーズパーツボックスで長らく放置されていた21stのSWAT用シールド。この出番がついにやって来ました(笑)
実はほとんど塗装は終わっているので、取りあえず部分アップ公開です(^_^;)
いや、そんな勿体付けるもんでは全然ないのですが…(汗)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。