mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3A_stealth_grunt_00.jpg
購入したのは随分前でしたが、ようやく先日のカスタム・アイテムと絡めてご紹介出来るのが、今回の『After Hours Stealth Grunt』です。
World War Robotの世界では一兵卒、という役割のキャラクターですが、何と言ってもガスマスク! しかも黒ずくめ!
…どう贔屓目に見てもプロテクトギアの影響が色濃いデザインですが、やっぱりこの手のモノには目が無くて…(笑)
3A_stealth_grunt_01.jpg 3A_stealth_grunt_02.jpg 3A_stealth_grunt_03.jpg 3A_stealth_grunt_04.jpg
プロテクトギアが第2次世界大戦時の独軍のデザインをベースにしているのに対して、このGruntの装備品類は他のWWRシリーズ同様、バックルやポーチ類の形状から推測するに80年代〜90年代頃の現用米軍が元ネタになっているようです。
これにより、一見派手な汚しや特徴的なガスマスクでレトロな印象がありますが、実は意外とモダンな雰囲気があります(^_^;)
ボディアーマーなども装備しつつ、同時に古めかしい腕の防弾アーマーなどがアクセントになって、なかなかに特徴的なデザインになっています。

Gruntはこのステルス以外にも、雪原用、砂漠用、ジャングル、DIY、EMGY、メディック、ワンフェスの日本限定版など、実に8種類があります(WF日本限定の発送は2013年7月頃の予定)。
EMGYはかなりのプレミア価格になっちゃっているのですが、他のGruntは意外と定価($120)プラスαでオークションなどでやり取りされており、比較的入手しやすい感じです。

3A_stealth_grunt_05.jpg 3A_stealth_grunt_06.jpg 3A_stealth_grunt_11.jpg
装備品類はHOT TOYSやSoldier Storyなどとは比べるべくも無いのですが、そこは壮絶な汚し処理で(笑)、全く気になりません(^_^;)
特にこのGruntはアクリル塗料+パステルが固まってパリパリしていて、触っているとボロボロ落ちるくらい ─ステルスと言いつつ、派手な汚しで全然ステルスじゃないけど(笑)─ たっぷりと汚し塗装がされているのですが、実は塗装だけでなく、縫製部分にも鉤裂きなどダメージ処理が施してあります。

N.O.M 27では外せなかったガスマスクが、このGruntでは外せます。その分、ヘッドはかなり小さめでつるんとした造型になっちゃってますが、やっぱり脱着出来るのは嬉しいです。
ヘルメットは深く被れるよう、インナーを取り外しています。

3A_custom_shield_01.jpg 3A_custom_shield_02.jpg
さて、ここでようやく先日の盾カスタムの完成形を。
元は21stのSWATシールドです。これにカッターや彫刻刀などで簡単にダメージ加工をした後、ジェリカンと同様、錆び塗装を施しました。
イメージ的にはIRON PANDAのような黒〜赤錆系に仕上がるよう目指したンですが…写真だとかなり赤く見えますね…(^_^;)

3A_custom_bazooka_01.jpg 3A_custom_bazooka_02.jpg 3A_custom_bazooka_03.jpg
バズーカはドラゴンの『バイオハザード2』のクリス・レッドフィールドに付属のモノ。元はかなり大雑把な造型で、発売当時からリアル系には全く合わないと、ルーズボックスに放置されていたのですが(^_^;)、錆び塗装で一気にthreeA Toysライクな一品に(笑)

3A_customsetwith_grunt_01.jpg 3A_customsetwith_grunt_03.jpg 3A_customsetwith_grunt_02.jpg 3A_customsetwith_grunt_04.jpg
バズーカと盾を装備すれば、ただのGruntもHeavy Gruntに変身!(笑)
ただ、World War Robotの世界では、バズーカも盾も、もう少し大きい方が合うような気がします。

3A_stealth_grunt_07.jpg 3A_stealth_grunt_08.jpg
ジェリカンも合わせて。
World War Robot世界では、ロボットは全てディーゼル・エンジンで動いているという設定らしいので、少なからず軽油や重油などの液体燃料の補給が必要なハズ(笑)
そこで運搬手段としてジェリカン状のモノは必須かなぁ…と。実際、この間プレオーダーされたBertie Mk3.5(ノーダメージ版)には同スケールのジェリカンが付属していました。

3A_stealth_grunt_10.jpg
やっぱり1/12スケールのロボに持たせた方がしっくりくるかも。IRON PANDAだし(^_^;)

3A_stealth_grunt_09.jpg
同スケールのロボたちと。
Dropclothはデザイン的に縦に長い印象なので、余計に盾が短く見えますね(^_^;)
バズーカは結構、いけるかも。

3A_custom_machete.jpg
おまけで、マチェットも錆び錆び。
長い方は21st、短い方はドラゴン製のモノ。実際は1/6スケールのモノだけど、やっぱりthreeAにおいては1/12スケールものに合わせた方がしっくり来ます(笑)

ここ3ヶ月、狂ったように買いまくって来たので、ようやくthreeA収拾欲も少し収まりつつあるのですが、今度は公式でドンドン新しい商品のプレオーダーが出てきて…こんなに買うなら3AAメンバーになった方が得じゃない?ってくらいなのですが、時既に遅し…(メンバー限定品もかなり多く、魅力的なモノが多い!とも分かって来たし…)。
来年の受付まで、このテンションが続くかなぁ…。というか続いても困るような…置き場所とか(笑)



サビサビ流石、匠の業ですね:)
うんうん、1/12のほうがハマってみえます!

そうかこのシールド21stだったんですね、我が家にも数枚あります。しかも懐かしいなあ、このバズーカ!:)
これも幾つか兵器庫の奥底に眠っていると思います。

『こうでなくてはいけない』『こうであるべき』的な制約が少ない分、廃品利用でもアイデア次第で相当いろいろ遊べそうですね:)
1/12を持っていないので、マシクフさん記事でかなりグラつきましたが、幸い(?)他ジャンルが非常に忙しくThreeA部は現状休部状態、マシクフさん記事を楽しみに拝見させて頂きます:)
【2013/06/18 00:31】 URL | GS #-[ 編集]
GSさん、コメントありがとうございます。

錆び塗装、久しぶりにカスタムした気になれました。
ただ塗装しただけなンですが…(^_^;)

シールドもバズーカも、かえって逆にディテールに乏しい方が
錆び塗装が映えるような気もします。
何より、躊躇せずにカスタム出来ますし(古くて大味だから)(笑)

threeAの世界観がそもそも大雑把だし、途中でコロコロ変わるみたいなので、その辺の緩さも魅力の一つかな〜、と(笑)
DIYみたいなカスタム推奨する製品まであるくらいですし。

1/12は、想像以上に良く出来ているので、是非GSさんも一つくらいは…(笑)
多分、そこから深みにハマるかと…(^_^;)
休部開けには是非!
【2013/06/18 12:14】 URL | マシクフ #q3rlVzEM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。