mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SV_hedora_00.jpg
何故か今頃、突然ヘドラのマイブームなのです(笑)
実は前々から気になってまんだらけのショーケースなどを眺めてはいたのですが、ソフビの怪獣には(当時モノ、復刻モノ共に)手を出さないようにしていたのですが、ここ最近のアート系ソフビの影響もあってつい1個くらいは…と買ってしまったら、後は芋蔓式に…(^_^;)
ついでに『ゴジラ対ヘドラ』のDVDまで購入(笑)
しかし、いや、これ結構今観ても色んな意味で凄いですね…。肝心のモンスターバトルは、ややもっさりした感じですが(^_^;)
そんなワケで、今回はマルサン2種、懐古堂×YMSF、バンダイと3メーカー4種のヘドラをご紹介!

まずは懐古堂×YMSFのレトロカラー版から。
SV_hedora_01_kaikodo_YMSF.jpg SV_hedora_02.jpg SV_hedora_03.jpg
SV_hedora_04.jpg SV_hedora_05.jpg SV_hedora_06.jpg
およそ全高8cm、全長12cmのミニサイズながら、意外とモールドも深くリアルテイストです。
カラーは調べてみるとよくある、イエローをベースに赤や緑を吹いたモノで、サイケデリックな雰囲気を醸しています。
背面がほぼ緑なのが若干寂しいかな…。欲を言えばベースのイエローも実物は山吹色っぽいんだけど、もっとハッキリした彩度の高いイエローの方が極彩色な感じがして好みだったかも。

SV_hedora_07.jpg
ミニサイズなので可動部は無し。底は抜く為に穴があります。
ただ、このサイズは色々とバリエーションを集めるには良いかな〜、と。
実際、この後、大きめのヘドラを買っていって気が付いたンですが、大きくなればなるほど、ヘドラの尻尾が場所を取ります(笑)
もう既に打ち止めの気配が…(^_^;)

続いてはバンダイのベーシックなソフビ、『ムービーモンスターシリーズ』-STANDARD-から。
SV_hedora_08_bandai.jpg SV_hedora_09.jpg SV_hedora_10.jpg
SV_hedora_11.jpg SV_hedora_12.jpg SV_hedora_13.jpg
およそ全高15cm、全長20cm、2006年に発売の商品です。
確か定価は700円前後だったと思うのですが、この価格帯の割には良く出来ていると思います。
ただし、リアル系なので、今の自分の好みからは若干外れているンですが…。それでも、やはり手軽さで1つは…と思って(とは言え流石にプレ値になっちゃってましたが)入手。
映画を見るとキグルミはもっとマットな質感なンですが、玩具としてはシルバーで吹いた毒々しい感じが結構マッチしていると思います。

SV_hedora_14.jpg
いや、もう実際これがあるから30cm超級のリアル系のヘドラは欲しくなくなりました(笑)
…いまのトコ(^_^;)

そして本命のマルサンのヘドラ。
SV_hedora_15_marusan_old.jpg SV_hedora_16.jpg SV_hedora_17.jpg
SV_hedora_18.jpg SV_hedora_19.jpg SV_hedora_20.jpg
およそ全高23cm、全長20cm。
本当に調べれば調べるほどヘドラのソフビは数多く、とても把握しきれないのですが、このマルサン(メーカーすら、あの当時のマルサンとどういう関係なのかも知らないのですが…(^_^;))のヘドラは、よくある当時モノの復刻では無く、新たにデザインされたモノらしいのです。(当時モノの復刻はM1号から出ているようです。)
モールドもソフビ特有の蝋原型らしいとろけるような緩さがあって好印象。なおかつ全体のフォルムは今風なデフォルメが効いていて実にもっさりした感じが素敵です(笑)
実際、当時モノのヘドラは、何故か他のずんぐりとデフォルメされたソフビと違って、劇中のイメージよりかなりスリムな造型でした。
後から作られたこのソフビの方がよっぽど当時モノっぽい雰囲気があって、変な感じですが…面白いですね(笑)

SV_hedora_21.jpg
カラーリングも無地のオレンジの成型色のままという潔さ。
いやホントは蛍光ピンクとか蓄光とかクリアとか…そういうのが欲しいンですが…(^_^;)

最後は同じくマルサンのネオ・シリーズ。
SV_hedora_22_marusan_neo.jpg SV_hedora_23.jpg SV_hedora_24.jpg
SV_hedora_25.jpg SV_hedora_26.jpg SV_hedora_27.jpg
およそ全高24cm、全長26cm。
詳しくは知らないのですが、どうやらこれは先のオレンジのタイプのと同時期に出たモノのようで、こちらは前述のモデルよりも、よりモダンなデザインと彫りの深い造型で出来ています。
実はAmazonでもメーカー直販品が扱っており、そちらは7色セットなのでお値段もそこそこしてしまうンですが、流石にこの大きさで7個もは要らないかなぁ…と(^_^;)

しかしながら、多少リアル系な雰囲気はありつつも、あくまでもモールドのエッジは丸めてあってソフビ特有の柔らかさが全体を支配しています。
尻尾が意外と長くて置き場所にやや困るモノの、実は今回買った中で一番のお気に入り(笑)

SV_hedora_28.jpg
実物は写真よりも抑えたソリッド・カラーのグリーンですが、オレンジよりも型が磨かれているのか、表面はより艶っ艶です(笑)
しかしグリーン1色だとヘドラと言うよりザザーンみたいな感じですが…(^_^;)

SV_hedora_29_hikaku.jpg SV_hedora_30.jpg SV_hedora_31.jpg
大きさも微妙に違うマルサンの2種ですが、頭部をよく見るとヘドラの成長時期の差を表現している為…かも?(^_^;)
実際劇中でヘドラは最終的にゴジラの背丈を遙かに超えるほど成長しますが、その成長の途中を商品化したモノも実に多いのです。

2枚目は恒例の大きさ比較。マーミットの遮光器土偶と。
やっぱりせめてこれくらい、30cm以下でないとコレクションは厳しそうですね…(^_^;)

最後は今回の4種の比較画像です。
買い始めて1ヶ月も経っていないのですが、既に満腹感もあり…(^_^;)
後は蓄光とかクリア成型のを1つ2つ買っておしまいにしないと、かなぁ…なんて(笑)
いや、本当にソフビは仕舞うのが大変なンです…。見た目以上に畳めないですから…(^_^;)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。