mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RH_feiosman_PM_1.jpg
さてさて、現在ハマり中につき2回連続のリアルヘッドのソフビでございます(^_^;)
して、今回はフェイオスマン。ご覧の通り、平成ライダーの中でも異色の、鬼をモチーフとしたライダー、響鬼をオマージュとした(と思われる)彩色のカオスマン・シリーズです。
一応、ロゴもそれっぽく筆文字で…(^_^;)

RH_feiosman_PM_2.jpg RH_feiosman_PM_3.jpg RH_feiosman_PM_4.jpg
兎にも角にも、メタリックの紫が美しい、このフェイオスマン。
必要最小限のシンプルな彩色で、見事に響鬼を再現しております(^_^;)

当初はメタリック多色のモデルに憧れもしましたが、意外と色数を抑えたこういったモデルの方が飽きが来ないのかな…なんて(笑)
いやしかし、ホントカッコ良くて痺れます!

フライダーと違って、片方の目だけドールアイが使用されているのもイイ感じです。
色は勿論の事、ドールアイの種類もいくつかバリエーションがあるようで、自分好みの1体を見つけるのも難しくて、だけど楽しい作業かも知れませんね(^_^;)

肘のかん着も真っ直ぐではなく、少し傾いて切られているので、回転させるだけで微妙な表情を付ける事が出来ます。可動箇所は首、肩×2、肘×2、腰の合計6箇所だけですが、それだけでもなかなか色々なポーズを見せてくれます。
今時のアクションフィギュアはそれこそ、どんなモノでもかなり動きますから、ある意味、こういった動かないソフビは新鮮だなぁ…と。
いやでも、やっぱりなんだか懐かしいし…あれ?と思い出してみると、これ、実はレゴのミニフィグやプレイモービルのモビなどの動きに通じるものがありますよね(^_^;)
制限の有る中で如何に動きがあるように見せるか…そんな写真の撮り方も楽しいですよね。

RH_feiosman_PM_5.jpg
早々にカッコイイ2体を買ったにも関わらず(いや買ってしまったからこそ…)、既に早くも次の1体を探しているという…(^_^;)
いや、これはマドハンド並に仲間を呼びますね(爆)


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。