mashikuf's hobby blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PM_mobikaitai_01.jpgはい。そんなワケで、ネタ切れな最近なのですが、ここで今さらではありますが、おさらい、というコトで大人モビの分解講座なんぞ記しておきたいと思います~(^_^;)

子モビの分解
は以前やりましたが、大人モビはもはや常識(!?)と思っていまして(笑)
ウチ以外にもいろんなサイト、ブログ等で紹介されているので、既にご存じの方も大勢いるかと思いますが、一応、おさらい、というコトで(^_^;)
PM_mobikaitai_02.jpg

え~っと、まず、Toys in the Attic -exclusive-では写真のように“タオル”を使用します。
大人モビの分解に必要な道具は基本的にこれ一つです(笑)
何故、タオルが必要か、というと無しでやってみると分かるのですが、上半身のパーツが下半身パーツに直接当たって、プラスチックを傷つけてしまうのです。
これを防ぐ為にタオルを使うのです。他にも厚紙などを挟んでも良いかもです。
PM_mobikaitai_03.jpg

最初に、写真のようにモビをバンザイのポーズにしておきます。
PM_mobikaitai_04.jpg

次に、タオルをモビの上半身と下半身の隙間、写真の矢印の方向へ差し込んで行きます。
タオルは、縁のちょっと厚くなっている部分を入れるのがイイです。
縁以外だと、モノによっては薄すぎる場合があるからです。
一度分解して仕組みが分かると納得出来ると思うのですが、この適度な厚みとタオル生地のクッションが、分解に適しているのです。
PM_mobikaitai_05.jpg

セッティングが終わったら、写真のように上半身を起こして座らせます。
PM_mobikaitai_06.jpg

いよいよ分解です。
先程座らせたポーズのまま、差し込んでいるタオルの余った部分を適当にくしゃくしゃっとして、モビの頭部分と下半身部分に持ってきます。
この状態で固いテーブルの上などにセットして、写真Aの下半身を軽く抑えて、Bの頭の部分をしっかり持って、矢印の方向へ“グッ”と力を入れます。

この時の力加減は、開かないジャムの瓶の蓋を回すとき位…でしょうか?(^_^;)
結構な力ですが、持てる力の最大では無い…というカンジです(笑)
逆に、“グッ”とやって分解出来なければ、そのモビは諦める…というのが最初は良いでしょう。

タオルを使うのは、この力が掛かるときの自分の手へのダメージを和らげる為でもあるのです(^_^;)

慣れてきたら力加減も分かるし、裏技で、軽くモビを温める…と少しやりやすくなる、というのもあります。
(ただし、熱湯につけるのは×です。モビが白化します。)
冬場ならば暖房器具からちょっと離して置いて、体温よりやや暖かくなったくらいで作業すると良いです。
この時期ならばモニターの上とか(^_^;) …あ、ただし液晶じゃなくてブラウン管タイプじゃないとですね(笑)
PM_mobikaitai_07.jpg

で、ご覧のように今回、一発目は失敗しました…(^_^;)
中の白い樹脂パーツが割れて、欠けているのが分かるでしょうか?
今までの経験から、古めのモビは分解がうんと簡単か、逆に固くて今回のように割れてしまうコトが多いようです。
最近の製品は何となくカンタンっぽいです。樹脂がまだ若いからかな…?(笑)


PM_mobikaitai_08.jpg

で、懲りずに次の被験者です(^_^;)
腕だしモビはまだまだ少ないので、組み替えカスタムにはうってつけです(笑)
PM_mobikaitai_09.jpg

同じようにタオルを使って分解! 今回はカンタンにバラせました。
“グッ”とやって、うまく分解できると、写真のように腕と頭のパーツがタオルの中でするっと抜け落ちます。
中の白い樹脂パーツは下半身についてきます。成功すれば各パーツは、ほとんど無傷で取れますが、この白い樹脂パーツだけは軸受け部分が若干白化するコトが多いです。
とは言え、フツーに遊ぶ分には問題ない強度がありますし、気になる人は瞬間接着剤を薄く伸ばすように塗布すると、破損予防になります。
また、下半身側(内側)に点付けして若干盛り上がった状態で瞬着を固めると、これが抵抗になって、腰がユルユルなモビの場合には有効な補修方法となります。
PM_mobikaitai_10.jpg

分解後の状態です。PM_mobikaitai_11.jpg

これでチョッキ状のパーツやベルトなども自由に交換できるようになります。
PM_mobikaitai_12.jpg

分解後は頭のパーツさえはめなければ、腕や下半身のパーツはいつでも抜き差し出来ます。
写真の状態でバランス等見ながら組み替えカスタムをしましょう(笑)
最後に頭を差し込むときはテーブル等に立たせた状態でモビを持って、頭を上から“グッ”と差込みましょう。
PM_mobikaitai_13.jpg

余ったパーツはキチンと仕分けて置くと遊びやすい…かも(笑)
って、写真のケースじゃ全然収まりきってないンだけど…ははは。

そんなカンジで、大人モビ分解講座、如何でしたでしょうか?
知ってる人は「フンフン」とスルーして、知らなかった人は「へぇ~」とご参考までに(^_^)

※毎度小うるさくて申し訳ないのですが一応免責事項ということで(^_^;)
周知の事ではあると思いますが、当ブログを参考にして、モビの分解&組立等される場合は、全て自己責任になります。当ブログは、モビの分解&組立等において発生する、いかなる損害等に関して一切の責任を負いません。
のでよろしくご理解の程お願い申し上げます。



マシクフさんこんばんわ。

たくさん更新されていたので、とても楽しませていただきました!

本当は先にSKULL WARRIORのところにすごく反応していたのですが、忙しくて書き込めずにいるうちにコメントどころがたくさん・・・。(SKULL WARRIOR、すっごく好みでした~!あの為に恐竜セットを買ってしまうなんて、サスガです。)

マシクフさんのカスタムモビファンとしてひとまずこちらにお邪魔してみました。

子モビのはずし方を教えていただいてからは、とっても楽しめているのですが、大人モビは恐くてまだ分解できません。(パキッと割れそうで・・・)
でもカスタムできるようになれば、かなりカスタムのし甲斐がありますよねぇ。

子モビ中心に集めているので、実際は興味ない大人モビもたくさんいますが、大人の方がパーツの種類が多いし・・・。

早速、今回の分解講座を拝見してひとつ「これ、手作りしなくても使いまわせるんだ!」ってパーツを発見してしまいました。
バイキングさんの毛皮ベストです。
チェックしていないセットでした・・・。

ある人のフィギュアをモビでカスタムしようと思っていて、それには毛皮のベストが必須アイテムで、自分手持ちの大人モビのベストにパテを盛って毛皮っぽく仕上げる覚悟をしていたんです!
(毛皮のベストが必須アイテムって、わかる人にはわかってしまう・・・笑)

もちろん子モビでも作りたいのですが、とりあえず大人モビの中から使える何人かをチョイスしていまして。
もう、早速火がついちゃったので、毛皮ベストのバイキング買って思い切って大人モビを分解してみます~!
今回の分解講座もまたまた参考にさせていただきます!

楽しいですね~カスタム♪


【2007/06/18 21:55】 URL | チョモチョモ #-[ 編集]
チョモチョモさん、こんにちは~!

いつもコメント頂きましてありがとうございます。

コメントするタイミング、ってありますよね(笑)
ボクもよくあります、コメントしようと思っていても
書き込む時間が取れず何となく流れていってしまうコト(^_^;)

「SKULL WARRIOR」気に入って頂いて嬉しいです(^_^)
まぁ、ただ骨恐竜に乗せただけではあるのですが…(笑)
ホントは北極探検の3184を狙っていたンですが、
新恐竜シリーズの方がコストパフォーマンスが良さそう
だったので(^_^;)

大人モビも、オークションなんかでジャンク扱いの
安~いのを手に入れて、壊れても良さそうなので充分
鍛錬(!?)してからならば、なお安心です(笑)

慣れれば分解自体は一瞬なので、量産可能ですよ~(^_^;)

ところで…。
毛皮のベストを着ているキャラって一体…???
全然、想像が付きません~。
どう考えてもマタギ系の人とか…北の国からの
田中邦衛とかしか…(毛皮着てないか…(^_^;))(笑)
【2007/06/19 16:44】 URL | マシクフ #q3rlVzEM[ 編集]
こんばんわ。

毛皮ベストにまだひとり盛り上がっているチョモチョモです。
やはり、カスタムといえども出来る限りモビパーツでやりたい・・組み換えで全部できればカスタムモビとしては最高!と思うので・・・。

ただ、組み合わせている間にすっごくいいのが出来るなら良いのですが、最初から「○○モビを作る!」と、決めてあるとなかなか・・・。まるでレゴ時代の「パーツが足りない」の悪夢再び・・になりそうです。

どちらにしても、大人モビ解体をマスターすれば子モビよりはいろいろ出来そうですね♪
足りないパーツは作ったり、モデルとなるキャラクターに似せる為に色を塗ったりはするのですが、絶対に布の洋服を着せたりはしないと決めております。
やっぱり素材感が合ってないと。

ところで、「マタギの人」には笑いました!
これで「当たりです!田中邦衛を作ります」だったらかなり笑えたのですが、ちょっと違いました~。(ちょっと?)
でもキャラクターではなく、実在した(故人です)人物で、プロレスラーです♪
わかる人にはわかってしまう、と書きましたが、わからない(プロレスファンではない)方にわからない人でした・・・大変失礼いたしました~。

マタギモビ・・・一瞬#3394を思い浮かべましたが、毛皮のベストは着てませんでした・・・なんだか着ていそうなイメージ・・・。
【2007/06/20 21:23】 URL | チョモチョモ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Toys in the Attic - exclusive, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。